M 愛すべき人がいて:スパルタ鬼講師・水野美紀の“怪演”ぶりにネット騒然 「破壊力すごい」「ルー大柴やらせるなよw」

テレビ
連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」第2話の場面写真(C)テレビ朝日/ABEMA

  歌手の安斉かれんさん、俳優の三浦翔平さんダブル主演の連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分/ABEMAで全話独占配信)の第2話が4月25日に放送された。脚本担当・鈴木おさむさんの「奪い愛、夏」にも出演した水野美紀さんが、スパルタ鬼講師・天馬まゆみ役で出演し、“怪演”ぶりにネットが騒然となった。

 ドラマは、“歌姫・浜崎あゆみ”の誕生まで、そして秘められた出会いと別れを描いた小松成美さんの同名小説(幻冬舎文庫)が原作。ドラマの主題歌は浜崎さんの「M」。安斉さんは、後に「平成の歌姫」と呼ばれ、女性たちのカリスマとして君臨するアーティストのアユ、三浦さんは、レコード会社「A VICTORY」を設立した名プロデューサー、マックス・マサを演じる。

 第2話では、マサの設立した「A VICTORY」から歌手デビューを目指すことになったアユは、3カ月間ニューヨークでレッスンを受ける……という展開が描かれた。

 水野さん演じる天馬まゆみは、音楽プロデューサーのマサが信頼しているニューヨークの名講師で、奇抜なファッションでアユの前に現れる。レッスンが始まり、鬼講師ぶりに戸惑うアユに「今度『え?』って言ったら燃やすよ?」と罵倒。片言の英語で厳しく指導する、バケツで水をぶっかける、手に持っていたスティックで突然ドラムを連打するなど、独自の特訓でアユを追い込んでいく。

 水野さんの強烈なキャラクターに、SNSには「破壊力すごかった! 全部持っていったよなぁ」「ほかが何も入って来ないw」「水野美紀出てきた~w てか鈴木おさむだし三浦翔平だし奪い愛じゃんw」「誰やねんこんな格好させたんwww」「水野美紀さんしか印象に残ってない(笑い)」「水野美紀さんにルー大柴やらせるなよw」「スチュワーデス物語の片平なぎさと一緒やんけ」と声が上がるなど、反響を呼んでいた。

 なお、水野さん本人は4月19日、自身のツイッターにドラマで演じた天馬の写真をアップし、「来週これです。もう、せっかくの朝ドラのイメージが雲散霧消だと事務所スタッフは白目であります」とコメントしていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る