内田真礼:人気声優が「警視庁・捜査一課長2020」で刑事ドラマ初出演 第一発見者役 「きゃー!」に苦戦も

アニメ テレビ
内田真礼さんが出演する連続ドラマ「警視庁・捜査一課長2020」第6話の一場面=テレビ朝日提供

 声優の内田真礼さんが、俳優の内藤剛志さん主演の連続ドラマ「警視庁・捜査一課長2020」(テレビ朝日系、木曜午後8時)の第6話(5月14日放送)にゲスト出演する。内田さんは、これまでもドラマに出演したことがあるが、刑事ドラマに出演するのは初めて。第6話は、東京都内のキャンプ場で起きる事件が描かれ、内田さんはキャンプ場のスタッフ・大田里香を演じる。里香は、キャンプ場でスーツ姿の男の遺体を発見し、その証言が捜査員たちに重要な手掛かりをもたらすことになる。

 内田さんは「まさか、自分に刑事ドラマのオファーがくるなんて思っていなかったので、びっくりしましたし、私で大丈夫かな……?と思いました。ですが、喜んでくれる方がいるなら!と今回チャレンジしてみました」とコメント。

 遺体を発見するシーンは「表情が徐々に動いていって、最終的に『きゃー!』と声を出して発見するシーンは、とても難しかったです! なかなかうまくできなくて、何度もやり直しました」と明かし、「キャンプ場で働く、大田里香の活躍にご期待ください! びっくり顔に注目ですよ!」と語っている。

 撮影では「自然に存在すること」を心がけたといい、「ナチュラルに、その場にいられたらいいなあと思っていました。段取りを考えすぎると怖い顔になってしまうので、頭にたたき込んで……! いつも明るくて、楽しい職場なんだろうなあという裏側が見えるようにお芝居しました」と振り返った。

 「警視庁・捜査一課長2020」は、ノンキャリアでたたき上げの警視庁捜査1課の課長・大岩純一(内藤さん)らの活躍を描いている。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る