美食探偵 明智五郎:第6話は一部”通常と異なる”撮影 24日以降はオリジナルストーリーを放送

”通常と異なる”撮影となった「美食探偵 明智五郎」の場面写真=日本テレビ提供
1 / 3
”通常と異なる”撮影となった「美食探偵 明智五郎」の場面写真=日本テレビ提供

 俳優の中村倫也さん主演の連続ドラマ「美食探偵 明智五郎」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第6話(5月17日放送)で、一部シーンが“通常とは異なる方法”で撮影されたことが5月16日、分かった。また、5月24日以降は3週にわたり、地上波未放送のオリジナルストーリーを含む“特別編”を放送することも発表された。

 ドラマは新型コロナウイルス感染拡大の影響で撮影が中断しているが、同話の探偵事務所前の中庭テラスで苺(小芝風花さん)が明智(中村さん)に対して、思いをぶつけるシーンが未収録だった。2人が横並びで演じるシーンだったが、密接を避けるため2人の距離がとられ、黒バックを背景にした特殊な方法で撮影された。

 荻野哲弘プロデューサーは、放送日までに通常スタイルの撮影をすることができず、黒幕バックで朗読劇にしてでも放送したいという思いを中村さんに相談したところ、「自分は役者なのでせっかくなら朗読(という形)ではなく芝居をして、フィクションを楽しんでくださっている視聴者の皆さんの感情がなるべく途切れないようにお届けしたい」と提案されたという。

 荻野プロデューサーは「第5話で明智に『君のことも僕が守る』と言われて恋心に火がついた苺が、明智に思いを吐露する大切なシーンを、コロナウイルス感染対策を講じた上で撮影しましたが、中村さんも小芝さんも、背景や距離などものともしない迫真の演技で表現してくれています。いきなり黒バックの抽象的な世界に転調するので驚かれるかもしれませんが、ぜひとも、お二人の思いのこもった演技をご高覧賜りたくお願い申し上げます」とコメントしている。

 また、今作は1月中旬にクランクインしたが、撮影が中断しているため、5月17日の第6話放送以降は3週にわたり、地上波未放送のオリジナルストーリーを含む“特別編”を放送する。5月24日の特別編第1弾では、明智が美食家になるきっかけとなった少年時代の秘話や、最初の“マリアファミリー”となった林檎(志田未来さん)がカップル毒殺事件を引き起こす一つの理由となる悲しい生い立ちに迫るエピソードを放送する。

 ドラマは、「海月姫」「東京タラレバ娘」「偽装不倫」などで知られる東村アキコさんのマンガ「美食探偵-明智五郎-」(集英社)が原作。中村さん演じる探偵・明智五郎が類いまれなグルメの知識を使って、殺人鬼へ変貌した主婦マリア(小池栄子さん)と対決する“恋する毒殺サスペンス”。

 5月17日放送の第6話は、明智のお見合いが舞台となる。実家の百貨店の将来を案じる母・寿々栄(財前直見さん)の強引な段取りで、弟(草川拓弥さん)と一緒にお見合いをすることになった明智。見合い相手の社長令嬢(北原里英さん)に、明智か弟の六郎のど
ちらかを選んでもらうことになるが、当日遅刻した六郎に代わり、男装した苺が代役を務めることに。お見合いの会場となった料亭にはマリアの姿が……。混乱のうちに見合いが終了した直後、突然明智の前で苦しみだした見合い相手の令嬢が急死し……というストーリー。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る