美食探偵 明智五郎:“シェフ”武田真治に“ギャルソン”赤楚衛二が禁断の告白 「特別編」第2弾

テレビ
連続ドラマ「美食探偵 明智五郎」特別編第2弾の場面写真=日本テレビ提供

 俳優の中村倫也さん主演の連続ドラマ「美食探偵 明智五郎」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の「特別編」第2弾(5月31日)で、本編では描かれなかった、武田真治さん演じる“シェフ”が悪質レビュアーを窒息死させた事件の裏側に迫るオリジナルストーリー「ギャルソンは見た!! シェフと最後の晩餐編」が放送されることが分かった。

 ドラマは、「海月姫」「東京タラレバ娘」「偽装不倫」などで知られる東村アキコさんのマンガ「美食探偵-明智五郎-」(集英社)が原作。中村さん演じる探偵・明智五郎が類いまれなグルメの知識を使って、殺人鬼へ変貌した主婦マリア(小池栄子さん)と対決する“恋する毒殺サスペンス”。

 武田さん演じる伊藤は、自身のレストラン「メゾン・ヴェリテ」をおとしめた悪質レビュアーを殺したシェフ。事件から数日後、レストランが閉店を迎えた夜、ギャルソンの野中(赤楚衛二さん)は、シェフの犯行に気づいていたと告白。さらに、ひそかに慕うシェフへの思いを打ち明ける。

 野中の思いに応えるかのように、シェフは自分の自慢料理「仔牛のフィレとフォアグラのロッシーニ風」のレシピを伝授。自分を慕う弟子と共に「メゾン・ヴェリテ」の最後の晩餐(ばんさん)を催す……という展開となる。

 「特別編」第2弾では、“れいぞう子”(仲里依紗さん)を追い詰めたキッチンハラスメントの実態に迫る「れいぞう子のキッチン・ハラスメント地獄編」も放送する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る