99.9-刑事専門弁護士-:特別編第1夜が放送 “超型破りな弁護士”松本潤が活躍 新収録のメッセージ&副音声も

テレビ
連続ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASON I」主演の「嵐」松本潤さん(C)TBS

 人気グループ「嵐」の松本潤さん主演で2016年4月期にTBS系「日曜劇場」枠(日曜午後9時)で放送された連続ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASON I」の特別編第1夜が、5月31日午後9時から放送される。特別編では新たに収録された出演者たちからの特別メッセージが放送されるほか、第1夜では、ディレクターズカットを再編集しDVD-BOXの音声特典として収録されていた松本さん、香川照之さん、榮倉奈々さんによるオーディオコメンタリーが副音声で放送される。

 「99.9-刑事専門弁護士-」は、有罪率99.9%という刑事弁護の世界を舞台に、逆転不可能な状況の中、残された0.1%の可能性にこだわって事実を追求しようとする刑事専門弁護士たちの活躍を描いた。松本さんが超型破りな若手弁護士・深山大翔を演じ、深山とチームを組む弁護士・佐田篤弘役で香川さん、立花彩乃役で榮倉さんが出演した。2018年には、同枠で「SEASON II」も放送された。

 第1夜は、何度も無罪を勝ち取っている実績を買われた深山が、日本4大法律事務所の一つ「斑目法律事務所」の所長・斑目春彦(岸部一徳さん)からヘッドハンティングをされ、社会貢献の名目で新設された同事務所の「刑事事件専門チーム」にパラリーガルの明石達也(片桐仁さん)と共に移籍する。

 刑事事件専門チームで深山とバディーを組むはずの室長・佐田は、大企業の顧問弁護士を務め巨額の利益をもたらしてきた民事のトッププレーヤー。斑目から1年後のマネージングパートナー昇格を条件に出され、渋々異動を了承したものの、金にならない刑事事件には全く興味がない様子。さらに、チームのもう一人の弁護士である立花も、斑目の命により、これまでの業務とは全く畑違いの刑事事件ルームに嫌々入っていた。

 そんなチームのもとに殺人事件の弁護依頼が入る。依頼人の赤木義男は運送業の経営者で、流通業界の風雲児としてメディアをにぎわせたネットショップ社長が殺害された事件の殺人容疑として逮捕されたが、本人は酒に酔っていて事件当日の記憶がなく、事件の関与を否定。無実を訴えている。しかし、検察庁の調べによると、指紋のついた凶器や防犯カメラの映像などの物的証拠に加え、容疑者の赤木は被害者から仕事の契約を一方的に打ち切られており動機も十分。赤木が犯人である証拠がそろっていた。だが、深山は「肝心なのは調書より事実。99.9%有罪が確定していても、0.1%に事実が隠されているかもしれない」 と諦めず……というストーリー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る