故・大林宣彦監督:20年ぶりの尾道最新作「海辺の映画館」 公開が7月31日に決定

映画
「海辺の映画館-キネマの玉手箱」のビジュアル(C)2020「海辺の映画館-キネマの玉手箱」製作委員会/PSC

 4月10日に亡くなった大林宣彦監督(享年82)の44作目で20年ぶりの尾道最新作となる映画「海辺の映画館-キネマの玉手箱」が7月31日に公開されることが6月4日、分かった。映画は当初4月10日に公開される予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期。大林監督が直筆で寄せたメッセージが込められた劇場パンフレットの表紙ビジュアルも公開された。

 映画は、尾道の海辺にある唯一の映画館「瀬戸内キネマ」が閉館を迎えた。最終日は「日本の戦争映画大特集」のオールナイト興行。そこで映画を見ていた若者3人は、突然劇場を襲った稲妻の閃光(せんこう)に包まれ、スクリーンの世界にタイムリープする。 戊辰戦争、日中戦争、沖縄戦、そして原爆投下前夜の広島へ。3人は、そこで出会った移動劇団「桜隊」を救うため、運命を変えようと奔走するが……というストーリー。

 劇場パンフレットには、映画に出演したキャストから大林監督へのラブレター45編、大林監督の映画「さびしんぼう」に主演した富田靖子さんと、映画「ふたり」の石田ひかりさんが初対面となった尾道ヒロイン夢の対談、大林監督の撮影ノートなどを掲載。大林監督が直筆で寄せたメッセージは娘の大林千茱萸(ちぐみ)さんが編集した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る