エール:藤堂先生、結婚していた! 妻は“4度目”の昌子さん 視聴者驚き…スピンオフ希望?

テレビ
NHK連続テレビ小説「エール」第52回の一場面 藤堂先生(森山直太朗さん)と妻の昌子(堀内敬子さん)(C)NHK

 窪田正孝さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第52回が6月9日に放送され、主人公・裕一(窪田さん)の恩師の藤堂先生(森山直太朗さん)が、かつて川俣銀行の事務員だった昌子(堀内敬子さん)と結婚していたことが明らかにされた。

 第52回は、藤堂先生から校歌完成披露会の誘いを受けて、裕一は音(二階堂ふみさん)と娘の華を連れて、久しぶりに福島に帰ってくる。子供たちが元気に校歌を歌う姿を見て、裕一は作曲を引き受けてよかったと喜び、藤堂先生に得意なものを教えてもらったからこそ、今の自分があると改めて感謝する。

 そこに姿を現したのは昌子で、現在は藤堂先生の妻であることが判明。昌子は4度目の結婚で、しかも妊娠中。視聴者からは「えーー!!」「えっ? まさかの展開」「ちょっとしょうこさん」「昌子さんやりやがったw」「面白すぎる」「スピンオフ希望www」「ぜひスピンオフで」といった声が次々と上がっていた。

 「エール」は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した作曲家・古山裕一と、裕一の妻で自らも歌手になる夢を追い続ける音の音楽と共に生きる夫婦の物語。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る