探偵・由利麟太郎:「仮面ライダービルド」赤楚衛二、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」長田成哉ら出演

テレビ
6月16日スタートの「探偵・由利麟太郎」に出演する(左から)赤楚衛二さん、水沢林太郎さん、長田成哉さん=カンテレ提供

 歌手で俳優の吉川晃司さん主演で6月16日スタートの5週連続特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)に、特撮ドラマ「仮面ライダービルド」の万丈龍我(仮面ライダークローズ)役でも知られる赤楚衛二さん、スーパー戦隊シリーズ「騎士竜戦隊リュウソウジャー」でナダ/ガイソーグ役を演じた長田成哉さん、男性ファッション誌「MEN'S NON−NO」(集英社)の専属モデルも務める俳優の水沢林太郎さんが出演することが6月9日、分かった。

 ドラマは、「犬神家の一族」「八つ墓村」といった金田一耕助シリーズなどで知られる横溝正史の長編小説「蝶々殺人事件」を含む「由利麟太郎」シリーズが原作。吉川さん扮(ふん)する元警視庁捜査1課長という経歴を持つ白髪の名探偵・由利麟太郎と、志尊淳さん演じる麟太郎の助手の三津木俊助が数々の奇怪な難事件に挑むホラーミステリー。

 長田さんは、6月16日放送の第1話「花髑髏(どくろ)」で、呪われた一族・日下家の長男で、血のつながらない妹・日下瑠璃子(新川優愛さん)がいる日下瑛一に扮(ふん)する。赤楚さんは、同23日放送の第2話「憑(つ)かれた女」で、祇園のクラブ「マダム・シルク」のホステス・吉岡エマ(水上京香さん)の恋人で青年実業家の五月翔太、水沢さんは7月7、14日放送の第4、5話「マーダー・バタフライ 前編・後編」で、オペラ界のスター歌手・原さくら(高岡早紀さん)率いる音楽団を陰で支える裏方の雨宮順平を演じる。

 ◇赤楚衛二さんのコメント

 今回出演させていただくことが決まり、以前父親とよく吉川晃司さんのライブ映像を拝見させていただいていたので、ご一緒させていただけてとてもうれしかったです。吉川晃司さんのストイックさ、立ち居振る舞い、プロフェッショナルさ、全てがすてきで魅了されました。僕が演じる五月は、エマに対する愛だけは真っすぐな気持ちも持っていて、救いたいが故に、道を外してしまう役どころです。愚直な愛を持って演じさせていただきましたので、そこを見ていただけたらなと思います。

 ◇水沢林太郎さんのコメント

 最初聞いたとき、ミステリー作品に出演できる! と大喜びでした。僕自身ミステリーが好きで、出たくて、出たくて仕方がなかったので、今回出演させていただけて、とてもうれしかったです。吉川さんに、実際お会いしてみて、あの存在感にまず、「とんでもないな」と思いました。背中がとても大きくて、あんなに大きな背中を見たのは初めてです。撮影を振り返ると、細かいところまで、すごく力を入れて作られたドラマだなと思いますので、ぜひ注目していただければと思います。

 ◇長田成哉さんのコメント

 今回お話をいただいて、台本を読んだ時に挑戦したことのない「粘着質」な役だなという印象でワクワクしました! 由利役の吉川晃司さんにごあいさつした時は、かっこ良すぎて。「あんなロングコートの似合う方が日本にいるんだ!」と、控え室で一人思っていました。1話からヘビーな内容のゲストで出させていただき光栄です。この作品独自のミステリアスな雰囲気をぜひお楽しみください。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る