半沢直樹:ついに! 7月19日から放送決定 初回は25分拡大

テレビ
放送日が発表された「半沢直樹」のビジュアル(C)TBS

 延期されていた俳優の堺雅人さんの主演ドラマ「半沢直樹」の続編(TBS系、日曜午後9時)が、7月19日から放送されることが6月21日、明らかになった。同日放送された「99.9-刑事専門弁護士-SEASONI 特別編 第四夜」の後に流れた特別映像で発表されたもので、初回は25分拡大となる。

 「半沢直樹」は、池井戸潤さんの「半沢直樹」シリーズの「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」が原作。バブル期に東京中央銀行に入行した銀行マンの半沢直樹が、銀行の内外に現れる敵と戦い、組織と格闘していくさまを描いた。ドラマが2013年7~9月に放送され、最終回に42.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高視聴率を記録し、話題となった。

 前作は、東京中央銀行のバンカー・半沢直樹が、大阪西支店融資課長から本部営業第2部次長に転じ、銀行内で行われていた数々の不正を明らかにするも、まさかの出向を命じられるという衝撃の展開で最終回を終えた。続編は、「半沢直樹」シリーズの「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」(文春文庫)を映像化し、東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢に巻き起こる事件を描く。前作に続き、上戸彩さん、片岡愛之助さんらも続投する。

 映像には半沢役の堺さんのほか、半沢の同期、渡真利忍役の及川光博さん、出向先である東京セントラル証券のプロパー社員で、半沢をサポートする森山雅弘役の賀来賢人さんも登場し、新作をアピールした。 

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る