芦田愛菜:髪30センチ以上ばっさりカットで大人びた横顔 6年ぶり実写映画主演作で…

映画 芸能
芦田愛菜さんの主演映画「星の子」ティザービジュアル (C)2020「星の子」製作委員会

 女優の芦田愛菜さん(16)の主演映画「星の子」(大森立嗣監督、10月公開)のティザービジュアルがこのほど、公開された。芦田さんにとって2014年公開の「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」以来、6年ぶりの実写映画主演作で、本作のため、トレードマークであった長い髪を30センチ以上カットして撮影に臨んだ芦田さんの大人びた横顔と、真っすぐ遠くを見つめるまなざしが印象的なビジュアルになっている。

 映画は、「むらさきのスカートの女」で第161回芥川賞を受賞した今村夏子さんの同名小説が原作。今村さんの小説が映像化されるのは今回が初で、映画「さよなら渓谷」(2013年)「日日是好日」(2018年)などで知られる大森監督が脚本も担当した。

 物語は、大好きなお父さんとお母さんから愛情をたっぷり注がれ、育てられてきた中学3年生のちひろ(芦田さん)。実は両親はちひろが生まれたときの病気を奇跡的に治した「あやしい宗教」を深く信じてしまっていて、思春期を迎えたちひろは、生まれて初めて両親と暮らす自分の世界を疑い始める……という内容。

 多難な思春期から逃げ出さず、前を向いて生きようとするちひろについて芦田さんは、「少しずつ自分の環境に違和感を感じつつも、悩みながら素直に物事を受け止めて真っすぐ生きている女の子だと思います」と語っている。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る