エヴァンゲリオン:“乗れるエヴァ”が京都に出現 手のひら、エントリープラグに“乗れる”新アトラクション

アニメ
東映太秦映画村の新アトラクション「エヴァンゲリオン京都基地」(C)カラー

 人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの新アトラクション「エヴァンゲリオン京都基地」が、東映太秦映画村(京都市右京区)に10月3日から登場することが明らかになった。新アトラクションは「乗れるエヴァ」がテーマで、全長約15メートルの上半身のエヴァンゲリオン初号機が登場。初号機の手のひらや、初号機に挿入されるエントリープラグに乗ることができる。主人公の碇シンジらメインキャラクターが和装した描き下ろしイラストも公開された。

 「エヴァンゲリオン京都基地」では、赤の液体のLCLのプールから上半身をのぞかせたエヴァンゲリオン初号機が登場する。特務機関NERVが第3新京都市支部として太秦の地にエヴァンゲリオン京都基地を建設し、新規パイロットを公募するという設定。エントリープラグの搭乗者は、搭乗ゲートから入場後、さまざまな角度からパイロットとしての適性“シンクロ率”を測定するコンテンツを楽しめる。初号機に乗って写真を撮ることもできる。ウオーターキャノンなどを使ったショーも実施される。

 描き下ろしイラストを使用したグッズも販売される。8月1日から新アトラクションのプレミアム先行体験を実施。ローソンチケットでチケットが販売される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る