役所広司:コロナウイルス対策下での撮影に本音 「触れあうのが僕たちの仕事のエネルギー」

映画
「『映画館に行こう!』キャンペーン2020」の記者会見に登場した役所広司さん

 俳優の役所広司さんが6月30日、TOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)で行われた「『映画館に行こう!』キャンペーン2020」の記者会見に登場。コロナウイルス感染対策を実施した中で映画撮影が再開していることについて、役所さんは、「自粛中は先の予測がつかないという話をみんなでしていました。少しずつ動き出してきてからは、どういう感じで撮影の現場が進んでいるかという情報交換もしました」と話し、「撮影は人と触れあって成立する仕事で、触れあうのが僕たちの仕事のエネルギーになる。その辺はみんな苦労しているみたい」と現在の撮影状況への心情を明かした。

 「『映画館に行こう!』キャンペーン2020」は、映画館が安全で安心で楽しい場所であることを発信していくのが目的。キャンペーンアンバサダーを務める役所さんは、映画業界人10人によるYouTubeのリレー動画に出演している。

 役所さんは、「大変光栄なこと。こういう役目は苦手ですけど、長年、映画界には世話になっていますので、こんなときに自分が役に立つことがあればと思い受けました」とアンバサダー就任の経緯を説明し、「(動画の)トップバッターが隙(すき)だらけのアンバサダーだと後がやりやすいと思う(笑い)。これからいろんな素晴らしい映画人が登場してきますので、皆さんどうぞよろしくお願いします」とちゃめっ気たっぷりに決意表明した。

 今後の映画化について聞かれると、役所さんは、「残念ながらこのコロナウイルスと人間は共存していくしかない。覚悟と努力があれば、こんな状況でも優れた作品は生まれるんじゃないかと信じています」ときっぱり。続けて、「映画は映画館で見てもらうために作っているし、映画館で映画の魅力は伝わる。コロナショックを乗り越えて、日本映画がもっと豊かに、そして誇らしい日本映画界になるようみんなで頑張りたい」と力強く語った。

 キャンペーンでは「新しい映画鑑賞様式」として各興行会社の感染予防対策を公式サイトで紹介するなど、さまざまなコンテンツ展開を予定。会見には、「映画館に行こう!」実行委員会顧問で一般社団法人日本映画製作者連盟会長の岡田裕介東映グループ会長、「映画館に行こう!」実行委員会委員長の松岡宏泰東宝東和会長も出席した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る