私がモテてどうすんだ:吉野北人、神尾楓珠、伊藤あさひ、奥野壮が“キラキラ王子様”に 原作者描き下ろしイラスト公開

映画
ぢゅん子さん描き下ろした映画「私がモテてどうすんだ」のポスタービジュアル(C)2020『私がモテてどうすんだ』製作委員会(C)ぢゅん子/講談社

 ダンス&ボーカルグループ「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」の吉野北人さん主演の映画「私がモテてどうすんだ」(平沼紀久監督、7月10日公開)の原作者のぢゅん子さんが描き下ろした映画ポスタービジュアルのイラストが7月1日、公開された。

 イラストは、サブカル系先輩・六見遊馬を演した吉野さん、スポーツ系同級生の五十嵐祐輔を演じた神尾楓珠さん、チャラい系同級生の七島希を演じた伊藤あさひさん、ツンデレ系後輩の四ノ宮隼人を演じた奥野壮さんのイケメンキャスト4人が、原作コミックさながらの“キラキラ王子様”に描かれ、ヒロインの芹沼花依を二人一役で演じた山口乃々華さんと富田望生さんも映画のポスター同様にユーモアあふれる表情で描かれている。

 映画を鑑賞したぢゅん子さんは「『王子様の隣には王子様』の言葉通りに美しい絵面を見せてもらって本当にありがとうございました!!という気持ちです。監督さんや演者さんの目を通したキャラたちはマンガとはまた違った一面も見えて、面白いなと思いました。コメディーらしいにぎやかで楽しいものにしていただきたかったので、そこをくみ取っていただけてうれしかったです」とコメントしている。

 また映画公開に向け、吉野さん、神尾さん、伊藤さん、奥野さんによる「アナタだけに届くモテモテメッセージ動画」やサイン入りポスター、オリジナルエコバッグなどが抽選で当たる、映画の半券で応募が可能なプレゼントキャンペーンが開催される。

 「私がモテてどうすんだ」は、少女マンガ誌「別冊フレンド」(講談社)で連載されたぢゅん子さんのマンガ。アニメの推しキャラクター同士や、クラスのイケメンたちのBLを妄想するのが大好きなオタク女子・芹沼花依(富田さん)が、ある日、愛するアニメのキャラが死んだショックで1週間絶食して激ヤセし、超美人(山口さん)に変身。現実世界でモテるようになるというラブコメディー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る