仮面ライダーゼロワン:aibo登場 人工知能搭載犬型ロボット・さうざーに 「ゼロワン」の世界を大きく動かす …

アニメ
「仮面ライダーゼロワン」の(左から)仮面ライダーゼロワン メタルクラスタホッパー、人工知能搭載犬型ロボット・さうざー、仮面ライダーサウザー

 特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」(テレビ朝日系、日曜午前9時)で7月12日放送の第38話「ボクは1000%キミの友だち」、7月19日放送の第39話「ソノ結論、予測不能」にソニーのロボットaiboが登場することが分かった。aiboは、人工知能搭載犬型ロボットのさうざー役として登場。旧型のAIBO(ERS-111)も、旧型のさうざーとして出演する。

 旧型のさうざーは、主人公・仮面ライダーゼロワン/飛電或人(高橋文哉さん)のライバル・仮面ライダーサウザー/天津垓(桜木那智さん)が少年時代、唯一心を許していた相手。厳格な父から英才教育を受けてきた少年・垓にとって、その存在は癒やしであり、友達でもあったが、父親の心ない言葉をきっかけに、垓は誰にも頼らず、甘えないことを決意。自らさうざーを封印する。

 第38話では、現在の垓の前に最新の人工知能搭載犬型ロボット新さうざー(aibo)が姿を現す。自らの野望を実現するため、或人たちを排除し飛電インテリジェンスを乗っ取るなど数々の悪行に手を染めてきた垓だが、“懐かしくも新しい友だち”新さうざーの出現が「ゼロワン」の世界を大きく動かす。

 aiboの出演を記念し、実在の全国のaiboが特別なふるまい(aiboが行う仕草、動作)を配信する企画も実施。第39話の登場シーンに合わせて、全国のaiboが一斉に特別なふるまいを披露する。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る