雨宮天:「彼女、お借りします」の“理想の彼女”千鶴に共感も 人間らしい感情の揺らぎを意識

アニメ マンガ
「彼女、お借りします」で水原千鶴の声優を務める雨宮天さん

 「週刊少年マガジン」(講談社)で宮島礼吏さんが連載中のラブコメディーマンガが原作のテレビアニメ「彼女、お借りします」が、MBS、TBS系などの深夜アニメ枠「スーパーアニメイズム」で7月10日深夜1時25分から放送される。ヒロインで、黒髪ロングにスタイル抜群の美少女・水原千鶴の声優を務めるのが雨宮天さんだ。雨宮さんは“理想の彼女”とも言われる千鶴を演じる中で、キャラクターに共感しつつ「人間らしい感情の揺らぎ」を表現したという。雨宮さんにアフレコについて聞いた。

 ◇優柔不断な和也にイライラ

 「彼女、お借りします」は、恋人にフラれてしまった20歳のダメダメ大学生の木ノ下和也が、レンタル彼女の美少女・水原千鶴と出会う……というストーリー。2017年に「週刊少年マガジン」で連載がスタートした。

 雨宮さんが演じる千鶴は、街を歩けば10人中10人が振り返るほどの美少女で、とっさの状況でも何とかする対応力を兼ね備え、真面目。ある夢をかなえるために日々努力を欠かさない。まさに理想の彼女だ。雨宮さんは原作を読んで、千鶴の魅力に引き込まれた。一方でダメダメな和也には……。

 「読んでいて、和也にとにかくイライラしました。千鶴目線で読んでいたからでしょうか? 千鶴はすごくしっかりしているので、和也の優柔不断さが際だって、何なの!?しっかりしてよ!って(笑い)。千鶴はすごく共感できるんです。いつも正しくて、強くて、お人よしで、好きになる要素しかありません。そんな千鶴が、和也に対して感情をあらわにするところを共感しながら読んでいました。オーディションでも千鶴が和也に対して怒るシーンがあったのですが、私も感じた素直な気持ちで演じました」

 ◇人間らしい感情の揺らぎを意識

 真っすぐでしっかりしている千鶴は雨宮さんに重なるところがある。共演者からそんな声を聞くことがあった。雨宮さんは「うれしいですね。でも、私は千鶴みたいにすてきじゃないし、ストイックではないです。千鶴のように、思ったことをはっきり言ったり、自分の道をいくところはありますが」と話す。

 千鶴は理想の彼女ではあるが、和也に対して怒りをあらわにするなどさまざまな表情を見せる。怒るシーンは「もっと激しく怒っていいですよ」というディレクションがあり、雨宮さんは思いきり感情をぶつけることもあったという。雨宮さんが演じる中で苦労したのは、一人になった時に千鶴がふと見せる表情だ。

 「和也の前では強くて、キリッとしている千鶴ですが、一人になった時の表情を大事にしたいと考えていました。千鶴は、いろいろなことを感じていて、そういった人間らしい感情の揺らぎを意識していました。原作を読んでいて、素の千鶴が見せる表情が可愛い……と感じましたし、周りの人が見ると可愛く、いとおしく見えるんですよね。私が感じた可愛さを表現しようとしましたが、ちゃんと演じられているのかな?と。強いはずの千鶴が見せる弱さ、自然な可愛さ……。難しかったです」

 ◇俺がいなきゃダメ! 雨宮天もメロメロなキャラは…

 千鶴以外にも魅力的なヒロインが続々と登場する。雨宮さんが千鶴以外で好きなキャラクターは健気で頑張り屋な桜沢墨で、ゆるふわ小悪魔系の七海麻美も気になる存在だという。

 「彼女にするなら?と考えていたのですが、やっぱり断トツで墨ちゃんです。俺がいなきゃダメ!俺が守ってあげる!背中を教えてあげたい!となります。麻美は怖い……。アニメもあおさん(麻美を演じる悠木碧さん)の演技がとにかくすごくて、怖いです。演技を含めて、今度はどうなるんだ!?とワクワクしていました」

 アニメの見どころを「キャラクターがみんないい人なんですね。友情の物語、人間ドラマが見どころです。女の子も見てほしいですね。本当にすてきで、原作を読んで泣いたシーンもあります」と話す雨宮さん。雨宮さんら声優陣の熱演が人間ドラマを盛り上げてくれそうだ。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る