堺雅人:続編は「すごいカロリー」 声かすれるも「ぶつかる力を弱めるという選択肢はない!」

テレビ
7月19日スタートの連続ドラマ「半沢直樹」の制作発表会見に参加した(前列左から)北大路欣也さん、上戸彩さん、堺雅人さん、及川光博さん、香川照之さん、(後列左から)井川遥さん、尾上松也さん、片岡愛之助さん、市川猿之助さん、今田美桜さん(C)TBS

 俳優の堺雅人さんが7月12日、ライブ配信された、主演ドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜午後9時)の制作発表会見に出席。ドラマは、2013年7月期に放送された同名作の続編を描く。7年ぶりに続編が放送されることについて、堺さんは「ようやく、半沢直樹が帰ってきました! 船出という感じです」と喜び、続編については「すごいカロリーが詰まったドラマで、ワンシーンワンシーン大変でした。通してみると壮大な物語」と、語った。

 新型コロナウイルスの影響で撮影が中止された時期もあったが、「現場で先生のご指導の元、ガイドラインに従いながら、撮影しています。ですが、(芝居で)ぶつかる力を弱めるという選択肢は我々にない! 本当に全力でぶつかっていって、ぶつかる様をそのまま皆さんに見てもらいたい」と、熱く見どころを語った。

 堺さんは会見で少しかすれたような声をしており、「芝居で、怒鳴りすぎて変な声に」と体を張って半沢を演じている様子も伝えた。会見には、共演の上戸彩さん、及川光博さん、片岡愛之助さん、今田美桜さん、井川遥さん、尾上松也さん、市川猿之助さん、北大路欣也さん、香川照之さんも登場した。

 「半沢直樹」は、池井戸潤さんの「半沢直樹」シリーズが原作。前作は「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」を映像化。バブル期に東京中央銀行に入行した銀行マンの半沢(堺さん)が、銀行の内外に現れる敵と戦い、組織と格闘していくさまを描いた。最終回に42.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高視聴率を記録した大ヒット作。

 続編は、「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」を実写化し、東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢に巻き起こる事件を描く。初回は、7月19日午後9時から25分拡大版で放送される。 

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る