ギャルと恐竜:10月に放送再開 「ヤンマガ」のマンガが原作のアニメ&実写ドラマ

「ギャルと恐竜」のビジュアル(C)森もり子・トミムラコタ/講談社・キングレコード
1 / 3
「ギャルと恐竜」のビジュアル(C)森もり子・トミムラコタ/講談社・キングレコード

 「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載中のマンガが原作のアニメ&実写ドラマ「ギャルと恐竜」が、10月3日深夜から放送を再開することが分かった。同作は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、一部の制作続行が困難になり、5月23日から新作の放送が延期されていた。

 同作の公式YouTubeチャンネルで動画企画がスタートすることも発表された。恐竜が登場するスペシャルメッセージ動画も公開された。

 「ギャルと恐竜」は、主人公のギャル・楓と、ひょんなことから楓の家に住み込み始めた恐竜のルームシェア生活を描いている。アニメは「ポプテピピック」などの青木純さんがシリーズ監督とシリーズ構成を担当し、スペースネコカンパニー、神風動画が制作。4月にTOKYO MX、BS11ほかで放送がスタートした。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る