ふしぎ駄菓子屋 銭天堂:劇場版アニメのOPに野田愛実 EDはKOCHO 宇治茶が“ゲキメーション”で描く

「映画 ふしぎ駄菓子屋 銭天堂 つりたい焼き」のエンディングの一場面(C)廣嶋玲子・jyajya/偕成社 (C)2020東映まんがまつり製作委員会
1 / 7
「映画 ふしぎ駄菓子屋 銭天堂 つりたい焼き」のエンディングの一場面(C)廣嶋玲子・jyajya/偕成社 (C)2020東映まんがまつり製作委員会

 人気児童書シリーズ「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」(偕成社)が原作の劇場版アニメ「映画 ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」(富岡聡監督)のオープニングテーマ(OP)をシンガー・ソングライターの野田愛実さんが担当することが7月20日、分かった。エンディングテーマ(ED)を歌手のKOCHO(こちょう)さんが担当することも発表された。アニメーションと劇画を融合した“ゲキメーション”の手法で注目を集める宇治茶さんがOP、EDの監督を務める。

 OPのタイトルは「奇想天外ふしぎをどうぞ」、EDのタイトルは「はにゃ○満点、銭天堂。」となる。銭天堂の女主人・紅子(べにこ)が登場する劇場版アニメのOP、銭天堂の地下で駄菓子を作る猫たちを描いたEDのカットも公開された。

 「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」は、廣嶋玲子さん作、jyajyaさん絵の人気児童書シリーズ。13巻まで発売されており、シリーズ累計発行部数は140万部以上。菓子を買った人の運命を変える不思議な駄菓子屋・銭天堂を舞台に、女主人・紅子と客の物語が描かれる。テレビアニメ化も発表されている。

 劇場版アニメは、東映のオムニバス興行「東映まんがまつり」で公開。「映画 ふしぎ駄菓子屋 銭天堂 つりたい焼き」のほか、「映画おしりたんてい テントウムシいせきの なぞ」「仮面ライダー電王 プリティ電王とうじょう!」「りさいくるずー まもれ!もくようびは資源ごみの日」の4本立てで、8月14日に公開される。

写真を見る全 7 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る