井ノ原快彦:小学校時代の“暗い歌合唱”が「嵐」にも影響? ジャニーズJr.時代の仲間との再会希望も

7月22日放送のバラエティー番組「あいつ今何してる?」に出演するV6の井ノ原快彦さん=テレビ朝日提供
1 / 1
7月22日放送のバラエティー番組「あいつ今何してる?」に出演するV6の井ノ原快彦さん=テレビ朝日提供

 人気グループ「V6」の井ノ原快彦さんが、7月22日放送のバラエティー番組「あいつ今何してる?」(テレビ朝日系、毎週水曜午後7時)にゲスト出演。番組に3度目の出演となる井ノ原さんは、今回、自身の“音楽の原点”ともいえる小学校時代の音楽教師と再会。その音楽教師の授業について「どう考えても小学生に歌わせるような歌でなく、暗い歌ばかり」合唱していたと語り、この体験が後輩グループの「嵐」にも影響を与えたというエピソードが語られる。

 井ノ原さんは、3回目の出演について「スタッフさんが同級生に連絡を取ってくれるので、地元のみんなの近況を知ることができます。この番組に関わる皆さんに改めてお礼が言いたい」とコメント。再会した音楽教師の授業については「先生がやみくもに暗い歌を選んでいなかった理由を知ることができて、良かったです」と振り返っている。

 井ノ原さんには、まだ再会をしたい人がいるといい、「スタッフさんには他にも候補の方のことをお話ししています(笑い)。それが続く限り、番組に呼んでいただきたいです」と期待。再会したい人については「高校時代の友人で出てきてない人もいるし、僕は28歳のとき高校に再入学しているのですが、そのときの友人で近況が知りたい人もいます。それに、事務所に入った当初、苦楽を共にした(ジャニーズ)Jr.時代の仲間もいます」と説明している。

 音楽教師のほか、井ノ原さんの小、中学校の同級生や小学6年生のときの担任教師も登場し、小学校時代の話が明かされる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る