乃木坂46:「Mステ」で小室哲哉提供の新曲「Route 246」を初パフォーマンス 「斬新」「90年代感!」と反響 “肌見せ”衣装にも「最高」の声

テレビ
「Route 246」でセンターを務めた齋藤飛鳥さん

 アイドルグループ「乃木坂46」が、7月24日に放送されたテレビ朝日の音楽番組「ミュージックステーション(Mステ)」の3時間半スペシャルに出演。小室哲哉さんが作曲、編曲を手掛け、メンバーの齋藤飛鳥さんがセンターを務める新曲「Route 246」をテレビ初パフォーマンスし、視聴者からは「かっこよすぎ!」「躍動感満点!」「スタイリッシュ」「斬新で良き!」「圧巻」との声が上がった。

 また、ショートパンツやへそ出しの衣装、メッシュが入ったヘアスタイルなど、これまでのイメージを刷新するような姿で登場し、「髪の毛超可愛いし、ヘソ出しも最高すぎ」「メッシュめっちゃ似合ってる」「メッシュいいね!」「おへそ見れた!」「脚キレイ」などの声も続出。

 楽曲に対し「TKサウンド」「小室哲哉っぽい!」「90年代感!!!」「懐かしさを感じる」といった声も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る