小芝風花:主演作「妖怪シェアハウス」の見どころを紙芝居で “小芝居”して披露

テレビ
「小芝の小芝居」のワンシーン=テレビ朝日提供

 女優の小芝風花さん主演で8月1日スタートの連続ドラマ「妖怪シェアハウス」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)で、各話の見どころを紙芝居で紹介する「小芝の小芝居」が配信されることが7月27日、分かった。「小芝の小芝居」は、小芝さんが、演じる主人公・目黒澪の感想や心の叫びなどを交え“小芝居”しながら紙芝居で各話の見どころを伝えるという内容。初回放送前と、毎話放送終了後に次回予告として番組公式ツイッターとInstagramで配信される。

 「小芝の小芝居」初回は、澪がいかにしてダメ彼氏・奥園健太郎(柾木玲弥さん)にだまされたのか、そしてどん底となった澪が妖怪たちの住むシェアハウスに行きつくまでのエピソードが語られる。7月27日配信。

 ドラマは、「ケイゾク」「SPEC」シリーズなどを手掛けた西荻弓絵さん、「世にも奇妙な物語」シリーズなどで知られるブラジリィー・アン・山田さんらが脚本を担当するオリジナル作品。ダメ彼氏にだまされ、妖怪たちが生活するシェアハウスにたどり着いた澪が、おせっかいな妖怪たちに助けられながら、成長していく姿を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る