吉野北人:お気に入りは“五十嵐”神尾楓珠の「キスするぞ」 視線に胸キュン「心臓出ちゃいそう」

映画
映画「私がモテてどうすんだ」のイベントに登場した吉野北人さん

 ダンス&ボーカルグループ「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」の吉野北人さんが7月30日、東京都内で行われた映画「私がモテてどうすんだ」(平沼紀久監督)のイベント「私モテ感謝 Day」に、神尾楓珠さん、女性ダンス・ボーカルグループ「E-girls」の山口乃々華さん、富田望生さん、伊藤あさひさん、平沼紀久監督らと登場した。映画内で好きなせりふを聞かれた吉野さんは、神尾さん演じる五十嵐の「キスするぞ」と回答。その理由を、「(神尾さんの)あの真っすぐな目で言われたら『うっ……』って感じで心臓出ちゃいそう(笑い)」と話した。

 さらに吉野さんは「そのシーンが好き」と続け、「番宣で『甘いせりふを言ってください』と言われた時、自分のせりふではなく楓珠の五十嵐の『キスするぞ』を使わせていただきました」と打ち明けると、聞いていた神尾さんは思わず「おいっ!(笑い)」とツッコミ。続けて、「そんなの北ちゃんがやった方がカッコいいに決まっている」と神尾さんが切り返すと、吉野さんは「いやいや(笑い)。それはない」と照れ笑いを浮かべていた。

 また映画の反響を聞かれた吉野さんが、「両親から『見たよ』って連絡を受けて。すごく内容が面白くてめちゃめちゃ笑ったというのを聞いて、幅広い世代で楽しめる作品なんだなって改めて思った」としみじみ話すと、神尾さんは、「僕には届いていないですね。誰も見てくれないみたい(笑い)」とちゃめっ気たっぷりなコメントで、周囲を笑わせた。

 「私がモテてどうすんだ」は、少女マンガ誌「別冊フレンド」(講談社)で連載されたぢゅん子さんのマンガ。アニメの推しキャラクター同士や、クラスのイケメンたちのBLを妄想するのが大好きなオタク女子・芹沼花依が、ある日、愛するアニメのキャラが死んだショックで1週間絶食して激ヤセし、超美人に変身。現実世界でモテるようになる……というラブコメディー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る