アンサング・シンデレラ:第3話視聴率8.8% 成田凌の正体判明! 浅利陽介との共演に「コードブルーを思い出した!」の声も

テレビ
連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第3話の一場面(C)フジテレビ

 女優の石原さとみさんが主演を務める連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)の第3話が7月30日に放送され、平均視聴率(世帯)は8.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、マンガ誌「月刊コミックゼノン」で連載中の荒井ママレさん作、富野浩充さん医療原案のマンガ「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」が原作。石原さん演じる萬津(よろづ)総合病院薬剤部・病院薬剤師の葵みどりが、患者に真摯(しんし)に向き合う姿を描く。

 第3話では、みどりが行きつけの中華屋「娘娘亭」で顔見知りになった小野塚綾(成田凌さん)の正体が、ドラッグストアの薬剤師ということが判明した。みどりは、搬送された新田奏佑(浅利陽介さん)が服薬していた薬について聞くために、新田の薬を処方していたドラッグストアに向かう。そこにいたのが、小野塚。病院薬剤師を嫌っているらしく、みどりにつらく当たる。

 実は、小野塚は過去、薬学部生時代にみどりの上司・瀬野章吾(田中圭さん)の研修に参加。患者を救う瀬野の姿に感銘を受けていた。しかし、奨学金の返済のため、肩代わりしてもらえるドラッグストアに就職。24時間営業の日々の仕事の中で疲弊し、理想と現実の間で苦しんでいて……という展開だった。

 成田さんと浅利さんの共演に、2人が出演していた「コード・ブルー」シリーズ(フジテレビ系)を思い出す視聴者も多く、SNSでは「成田凌くんと浅利陽介さんのシーン、コードブルーを思い出した!」「灰谷先生と藤川先生だ!」「コード・ブルーみたくなった!」などと盛り上がりも見せた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る