思い、思われ、ふり、ふられ:BUMP OF CHICKENが劇場版アニメの主題歌担当 恋の“ときめき”予告編

アニメ マンガ
劇場版アニメ「思い、思われ、ふり、ふられ」の主題歌を担当する「BUMP OF CHICKEN」

 「アオハライド」「ストロボ・エッジ」などで知られる咲坂伊緒さんの人気マンガが原作の劇場版アニメ「思い、思われ、ふり、ふられ」(黒柳トシマサ監督、9月18日公開)で、4人組バンド「BUMP OF CHICKEN」が主題歌「Gravity」を担当することが分かった。予告編も公開され、主題歌で同バンドの新曲「Gravity」がお披露目された。

 予告編は、メインキャラクターの山本朱里、市原由奈、山本理央、乾和臣が登場。和臣が朱里にキスをしようとしたり、理央が由奈に顔を近づけ「フラれたらオレが全力で慰めるからさ」と話したりと、恋の“ときめき”が描かれた。

 「BUMP OF CHICKEN」が劇場版アニメの主題歌を担当するのは、2011年公開の「映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~」以来、約9年ぶり。「僕たちの新曲『Gravity』を主題歌に起用していただき、ありがとうございます。公開前に一足先にメンバー全員で楽しく見させていただきました。登場人物たちのみずみずしいそれぞれの思いと、繊細で色鮮やかな美しい背景の描写がマッチして、とてもまぶしい世界が広がっていました。公開を楽しみにしています!」とコメントを寄せた。

 黒柳監督は、主題歌について「次々と広がる歌の世界がふりふらの世界にも重なるところがあって、由奈や朱里たちの未来の空に遠く光が続いているような。聴き終えた時の身震いするほどの感激がまだ僕の中に残っています。映画をBUMP OF CHICKENさんに飾っていただき本当にうれしいです。この曲の思いがたくさんの方に届きますように」と語った。

 「思い、思われ、ふり、ふられ」は、マンガ誌「別冊マーガレット」(集英社)で連載されたマンガが原作。ダブルヒロインの朱里と由奈、理央と和臣の4人の高校生男女の恋模様を描く。声優として島崎信長さん、斉藤壮馬さん、潘めぐみさん、鈴木毬花さんが出演する。浜辺美波さん、福本莉子さん、北村匠海さん、赤楚衛二さんらが出演する実写映画が8月14日に公開。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る