アンサング・シンデレラ:第4話 ドラマ「M」で話題の久保田紗友がゲスト 伊武雅刀の孫役

テレビ
連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第4話の一場面(C)フジテレビ

 女優の石原さとみさん主演の連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系、木曜午後10時)第4話が8月6日に放送される。ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)での好演で話題となった女優の久保田紗友さんがゲスト出演。葵みどり(石原さん)や小野塚綾(成田凌さん)の通う中華料理屋「娘娘亭」店主・辰川秀三(迫田孝也さん)の娘・樹里を演じる。

 みどりと小野塚が「娘娘亭」で食事中、息を切らせて帰ってきた樹里。みどりが顔色の悪い樹里を心配するも、父・秀三はあっけらかんとした様子。しかし後日、樹里は意識を失い、みどりの勤める萬津総合病院へ搬送される。樹里は、摂食障害だった。

 摂食障害は周囲の環境からも起きるため、みどりは環境に変化がなかったかを秀三に尋ねる。すると、樹里の祖父・辰川太一(伊武雅刀さん)が、末期の胃がんで同病院に入院中と分かる。

 一方、車の事故によるむち打ちで同病院に入院している羽倉龍一(菅原大吉さん)が、薬剤部のムードメーカー・羽倉龍之介(井之脇海さん)の父親と判明。薬剤部一同は騒然とする。当の龍之介はどこか浮かない表情で……。

 原作は、マンガ誌「月刊コミックゼノン」で連載中の荒井ママレさん、富野浩充さん(医療原案)の「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」。病院薬剤師の葵みどりが、薬剤部のメンバーたちと患者の「当たり前の毎日」を取り戻すために奮闘する姿を描く。タイトルの「アンサング」は、詩歌に歌われていないことから「褒められない」。縁の下の力持ちとして患者のために奮闘する病院薬剤師たちを指す。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る