おじさんはカワイイものがお好き。:“チャラい”今井翼に反響 「復活うれしい」の声も

テレビ
俳優の眞島秀和さんの主演ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」の第1話のワンシーン=読売テレビ提供

 俳優の眞島秀和さんの主演ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第1話が、8月13日に放送された。眞島さん演じる「カワイイものが好きすぎる」という秘密を持った主人公・小路三貴が、初めて秘密を打ち明け、“同志”として心を通わせていくデザイナーの河合ケンタ役を演じる今井翼さんに、視聴者からは「登場シーンからかっこいい」「今井翼さんカッコチャラい」「ちゃらい格好の今井翼もかっこよくて好き」などの声が上がるなど、注目を集めた。

 ドラマは、ウェブマンガ誌「COMICポラリス」(フレックスコミックス)で連載中のツトムさんの同名マンガが原作。バツイチで容姿端麗、渋くて紳士的、仕事もできる“イケオジ”の営業部課長・小路三貴(おじ・みつたか、眞島さん)は、犬のキャラクター「パグ太郎」を癒やしとしている。見た目とのギャップがありすぎる秘密を、致命的な機密のように抱えて葛藤しながら生きる小路と、周囲の人間たちのやり取りを描く。全5話。

 第1話では、小路のおいで大学生の仁井真純(藤原大祐さん)がアメリカから来日。しばらく居候することになり、小路は泣く泣くパグ太郎グッズをしまい込むが、パグ太郎キーホルダーを紛失。そこへ小路をライバル視する同僚の鳴戸渡(桐山漣さん)が、パグ太郎キーホルダーを手に現れる。さらに、パグ太郎のガチャコーナーで小路がたびたび遭遇したデザイナーの河合ケンタ(今井翼さん)が会社に現れて……という展開だった。

 今井さん演じるケンタは、小路の会社の取引先のデザイン会社に勤める、ワイルドな強面(こわもて)のアートディレクター。職業柄、カワイイもの好きを公言してはいるが、本命の推しキャラが「くまのがっこう」だということは、ある過去のトラウマから伏せている……という役どころ。ドラマの放送前に、今井さんは「見た目に反して、純粋にかわいいキャラクターを愛しているというギャップを持ったケンタを楽しんで演じたいと思います」とコメントしていた。

 ツイッターは、ハッシュタグ「#おじカワ」がトレンド1位となるなど大盛り上がり。派手なシャツに、サングラスといったケンタの姿に、SNSでは、「ケンタはかっこよくて優しくてすてき」「チャラいのになぜか品があるケンタさん」「翼くん、イケメン、黒い、チャラい!」「今井翼も渋くなっていい」という声が上がった。

 また、「今井翼くんの演技が見られてうれしい」「今井翼くん復活うれしい」「久しぶりに演技見たけどすてきです」「ワイルドイケメンになってた」などのコメントも上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る