宮野真守:「半沢直樹」まさかの参戦 「やばい!」とファン歓喜 “黒崎”片岡愛之助の部下役で顔芸に期待も

宮野真守さん
1 / 1
宮野真守さん

 声優の宮野真守さんが、俳優の堺雅人さん主演の連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜午後9時)に出演することが明らかになった。宮野さんは、証券取引等監視委員会・統括検査官の黒崎駿一の部下、古谷を演じる。8月16日の第5話放送後、次回第6話の予告編に宮野さん演じる古谷が登場し、ドラマ公式サイトにも古谷の情報が追加された。SNSでは、「マモちゃんが! これはやばい!」「うれしい」「すごい!」とファンの歓喜の声が上がった。

 「半沢直樹」はテレビ画面いっぱいにキャストの顔を映し、キャラクターの激情を伝える演出が有名で、視聴者からは“顔芸”として親しまれており、「マモの顔芸を見なきゃ」「地上波で得意の顔芸をするのかな」と期待するコメントも見られた。

 ドラマの原作は、池井戸潤さんの「半沢直樹」シリーズ。2013年7月期に放送された前作は「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」を映像化。東京中央銀行の半沢直樹が、銀行の内外に現れる敵と戦い、組織と格闘していくさまを描いた。約7年ぶりの続編は、「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」を実写化する。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る