矢野奨吾:「映画 ギヴン」で「真冬と一緒に音楽を好きになれた」 “立夏”内田雄馬の声を「感じながら」

アニメ マンガ
劇場版アニメ「映画 ギヴン」で佐藤真冬の声優を務める矢野奨吾さん

 人気BL(ボーイズラブ)コミックが原作のテレビアニメ「ギヴン」の劇場版「映画 ギヴン」(山口ひかる監督)が、8月22日に公開された。バンド「ギヴン」のボーカルで主人公の佐藤真冬を演じたのが矢野奨吾さんだ。「ギヴン」の演奏シーンでは歌唱も担当する矢野さんは「真冬の気持ちを込めて歌う」ことを大事にし、「真冬が音楽を好きになっていくように、僕も音楽をすきになっていけた」と語る。作品への思い、歌唱シーンのこだわりを聞いた。

 ◇「真冬を絶対演じたい」 念願の主人公役

 「ギヴン」は、マンガ誌「シェリプラス」(新書館)で連載中のキヅナツキさんのコミック。バンドメンバーたちの青春群像劇が描かれる。テレビアニメが、フジテレビほかの深夜アニメ枠のノイタミナで2019年7~9月に放送され、バンド結成や高校生の真冬、上ノ山立夏の恋が描かれた。「映画 ギヴン」では、長年、梶秋彦に思いを寄せる大学院生の中山春樹、元恋人でありながら同居を続け、中途半端な関係を続ける秋彦と天才バイオリニストの村田雨月という3人の苦くて熱い恋が描かれる。

 真冬は、幼なじみで元恋人の吉田由紀を亡くした過去を引きずりながら生きていたが、高校で立夏と出会ったことをきっかけに変わっていく。テレビシリーズでは、真冬と立夏が心を通わせていく過程が描かれた。

 矢野さんにとって真冬役は念願だった主人公役で、原作を読み「真冬というキャラクターを絶対演じたいと思った」と語る。

 「僕は、自分が理解できるところ、自分と似ているところを見つけてどんどん共有していくんです。真冬はすごく繊細で、過去に由紀という大切な人を失って、重い荷物を持ったまま一歩も進めないでいた。暗闇の中にいるところを立夏に引っ張ってもらった。真冬のように本当につらくて動けなくなる、息ができなくなってしまうという経験は僕にもありますし、誰しもが経験することだけれど、自分と似ている部分のほうが多いなと思えました。だからこそ、これは自分にしかできない、やりたいと思いました」

 「映画 ギヴン」は、恋人同士となった真冬と立夏が登場し、春樹、秋彦、雨月という大人組3人の恋模様がメインに描かれる。

 「台本を読んだ時は、誰に対して感情移入をしたらいいのだろうと……全員の気持ちがいっぺんに入ってくる感じでした。高校生組は恋愛をするにしてもとても新鮮な気持ちで、初めての感情が多いのですが、大人組はそういうものを全部分かってしまっている上での言動になるので、とてもビターというか。みんな器用なのにみんな不器用で、素直でいいのに素直じゃない。とてももどかしくて胸がしめつけられる感覚を最後まで抱いていました」

 ◇「成長」を意識 「映画 ギヴン」の現場のこだわり

 テレビシリーズ終盤では、真冬加入後初の「ギヴン」のライブで自作の「冬のはなし」を披露し、ライブを成功させた。「映画 ギヴン」では、真冬が新たな曲作りに挑む。矢野さんは真冬を演じる上で「成長」を意識したという。

 「テレビシリーズで『冬のはなし』を歌った時は、真冬は由紀のことを思って歌っていたし、自分の気持ちを分かってほしいという叫びでもありました。今回は、ほかの誰かに向けて曲を作りたいと、また違った視点で音楽を作り始める。音楽にのめり込むほどに真冬自身も芯が形成されて、強くなっている印象を受けたので、演じる上では成長を意識しました。相変わらず感情表現は下手なのですが、より自然に自分の気持ちを伝えたり、リアクションできるようになっていると感じました」

 今作では、立夏役の内田雄馬さんとは別々の収録だったが、矢野さんは「雄馬君の声を自分の中で感じながらやっていました」と話す。

 「真冬が曲作りに悩む場面では、立夏が『お前は周りから影響されて歌詞を書くだろ』と言ってくれたり、真冬のことを分かってくれているシーンも描かれています。テレビシリーズがあったからこそ、2人の成長を感じながら演じられました」

 収録では「テレビシリーズから一貫して、役やお芝居に関しては演者に任せてくれている」と明かす。

 「日常の雰囲気をとても大事にしている作品なので、日常感を出すためにマイクの位置をみんなの顔が見えるように並べてくれるんです。ほかの作品のアフレコよりも一人一人のマイクと演者の距離を取って、その間に生まれた空間に声を通すことで、より日常感が出るような演出もしてくださっています。根底にある『ギヴン』の空気感は僕らに任せてくれていたので、それが作品にも表れているのかなと思います」

 ◇「真冬の伝えたいことを歌に乗せて」 役を背負って歌う

 「映画 ギヴン」は、3人の大人組の恋愛を描くストーリーと真冬が作る歌がリンクし、終盤のライブシーンへつながっていくのも見どころだ。矢野さんは、真冬として歌を歌う時は「役を背負って歌を歌う。役者だからこそできる歌のアプローチがある」とこだわりを語る。

 「もちろんボイストレーニングをした上で歌唱シーンに臨みましたが、粗くてもいいから真冬の気持ちを込めて歌うことを大事にしました。技術的な部分を学ぶ上でも、より真冬の気持ちを伝えるためにポルタメントという技術を教えてもらって取り入れました。壁にぶち当たることもあるのですが、もっと研究して真冬の言いたいこと、伝えたいことを歌に乗せたいと思うと楽しいんです。真冬が音楽を好きになっていくように、僕も音楽を好きになっていけたことが新たな発見でした」

 声優として初めての主演を務めた「ギヴン」「映画 ギヴン」は「挑戦しかなかった」と話す矢野さん。今後の目標を聞いた。

 「年齢を重ねても第一戦でこの仕事でやり続けること。そのためには『この役を矢野に任せてよかった』と思っていただけるようになりたいし、いろいろな作品でいろいろなお芝居を経験していきたいです。今回主役を経験して、『物語を動かす』役を演じ続けていきたいと思いました。これから洋画の吹き替えやナレーションなど新しいことにも挑戦していければと思いますし、その経験を還元して矢野のお芝居を作り上げ、提示していきたいです」

 矢野さんの挑戦が詰まった「映画 ギヴン」。今後の活躍に注目したい。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る