クレヨンしんちゃん:サトーココノカドーが相模原に出現! イトーヨーカドーが“変身”

アニメ マンガ
「クレヨンしんちゃん」に登場するサトーココノカドー仕様になったイトーヨーカドー アリオ橋本店(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020

 人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の28作目となる劇場版最新作「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」(京極尚彦監督、9月11日公開)の公開と原作30周年を記念し、イトーヨーカドー アリオ橋本店(相模原市緑区)が、劇中に登場するスーパー、サトーココノカドーに“変身”した。8月31日に塔屋のロゴが「イトーヨーカドー」から「サトーココノカドー」に付け替えられ、SNSでは「橋本にサトーココノカドー出現している!!!!」「やばい、チョコビかわなきゃ」などとファンからの喜びの声が上がっている。

 アリオ橋本店では、「『クレヨンしんちゃん』はしもとスペシャル」と題してさまざまな企画を実施している。原作コミックの複製原画などのコーナーが設けられるほか、店内が原作30周年のイラストで装飾される。9月6日には、自由に落書きができる大きなパネルが登場するイベント「ウキウキカキカキ大作戦」を開催。13日には、しんのすけが同店に駆けつけ、撮影会が実施される。

 最新作は、地上のラクガキをエネルギーに浮かぶ王国ラクガキングダムが登場。地上でのラクガキが減り、崩壊の危機に直面していた。王国の防衛大臣は、命運を懸けて無理やり人間にラクガキをさせるウキウキカキカキ作戦を決行。地上が大混乱の中、ミラクルクレヨンを授けられ勇者となったしんのすけが、世界を救うために自ら描いたラクガキたちと力を合わせて戦う。アニメ「ラブライブ!」「宝石の国」などの京極さんが監督を務め、映画「婚前特急」「そこのみにて光輝く」などの高田亮さんが脚本を担当する。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る