永野芽郁:中川大志とキス寸前 ムロツヨシが邪魔をして… 「親バカ青春白書」場面写真公開

連続ドラマ「親バカ青春白書」第6話の場面写真=日本テレビ提供
1 / 2
連続ドラマ「親バカ青春白書」第6話の場面写真=日本テレビ提供

 俳優のムロツヨシさん主演の連続ドラマ「親バカ青春白書」(日本テレビ系、日曜午後10時半)第6話(9月6日)の場面写真が9月4日、公開された。恋人同士となったさくら(永野芽郁さん)とハタケ(中川大志さん)がいい雰囲気になり、キスをしようとする2人の前にガタロー(ムロさん)が現れ、邪魔をしている様子が写し出されている。

 ドラマは、ムロさんのゴールデン・プライム帯(GP帯、午後7~11時)の連ドラ初主演作で、 同局系の連続ドラマ「今日から俺は!!」チームの最新作。ムロさんも出演したドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズなどの福田さんが脚本統括、演出を担当している。同級生となった父と娘が、大学生活で絆を深める様子を描く。

 第6話では、ガタローが小説家としてやり直すべく、尾崎(谷口翔太さん)に全てを打ち明け頭を下げる。一方、さくらとハタケは大学2年の冬休みを迎え、ガタローに邪魔されながらも順調に交際を続けていた。そんな中、ガタローたちの家に住み着いた美咲(小野花梨さん)に加え、ある事情を抱えた寛子(今田美桜さん)とネゴロ(戸塚純貴さん)まで転がり込んでくる。さらにハタケも合流し、ガタロー家はめくるめく青春シェアハウスの舞台に……というストーリー。同話はムロさんが監督を務める。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事