妖怪シェアハウス:第6話 “恋愛章”がスタート “澪”小芝風花がイメチェン、ガングロギャルメークでパラパラも?

連続ドラマ「妖怪シェアハウス」第6話の場面写真=テレビ朝日提供
1 / 3
連続ドラマ「妖怪シェアハウス」第6話の場面写真=テレビ朝日提供

 女優の小芝風花さん主演の連続ドラマ「妖怪シェアハウス」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)第6話が9月5日に放送される。主人公・澪(小芝さん)とドS上司・原島(大東駿介さん)の“恋愛章”がスタートする。ビューティーアドバイザーの山姥(やまんば)によって澪がイメチェン。澪らがガングロギャルメークでパラパラを踊るシーンもある。

 原島を意識し始めた澪を、伊和(松本まりかさん)ら妖怪たちも応援する。ところが、原島に新企画のアドバイスをもらっていると、大人の原島には自分は不釣り合いなのでは、と澪は悩み始める。そんな澪に、伊和は人を食らうといわれる山姥(やまんば)を紹介する。

 登場したのは、ヤマンバギャルのメークとファッションに身を包み、古いギャルポーズをキメるハイテンションな山姥のやまちょす(長井短さん)。渋谷の伝説のビューティーアドバイザー・やまちょすによって澪はイメチェンする。背中を押された澪だったが、原島は何か悩みを抱えているようで……。

 ドラマは、「ケイゾク」「SPEC」シリーズなどを手掛けた西荻弓絵さん、「世にも奇妙な物語」シリーズなどで知られるブラジリィー・アン・山田さんらが脚本を担当するオリジナル作品。ダメ彼氏にだまされ、妖怪たちの生活するシェアハウスにたどり着いた澪が、おせっかいな妖怪たちに助けられながら成長していく姿を描く。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る