玉木宏:ひげ×サングラス姿で“愛夫弁当”作り 主演ドラマ「極主夫道」クランクイン

連続ドラマ「極主夫道」で主演を務める玉木宏さん=読売テレビ提供
1 / 2
連続ドラマ「極主夫道」で主演を務める玉木宏さん=読売テレビ提供

 10月11日スタートの連続ドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)で、主演を務める俳優の玉木宏さんがこのほど、クランクインを迎えた。併せて公開された写真には、ひげを蓄え、サングラスを着用した玉木さんが、台所で料理をする姿やスーパーで野菜を選ぶ様子が写し出されている。

ウナギノボリ

 玉木さんは、元極道のスーパー専業主夫である龍(玉木さん)が、妻・美久(川口春奈さん)のために“愛夫弁当”を作るシーンでクランクイン。瑠東東一郎監督と話し合いながら、サングラス越しの目線の送り方まで細かくチェックして撮影に臨んだ。冷蔵庫から取り出したネギをまな板に置き、「成仏しいや」とドスの利いた声を放つ場面では、シュールな状況に現場から笑いが起こる一幕もあった。

 撮影では、住宅街にある一軒家を使用して原作の世界観を生かしたセットを制作。龍と美久が猫好きの夫婦であることから部屋には猫グッズがちりばめられ、棚には美久が好きなアニメ「ネオポリスガール」のフィギュアも並んでいる。また、龍が使う“ドス風包丁”には元極道らしく“龍”の文字も刻まれているなど、細部にまでこだわりが詰まっているという。

 ドラマは、新潮社のマンガサイト「くらげバンチ」で連載中のおおのこうすけさんの同名マンガが原作。“最凶”の極道「不死身の龍」といわれ、極道から足を洗った後に美久と結婚して専業主夫となった龍が、家族やさまざまな事件が起こる町の平和を守る姿を描く“ヒューマンコメディー”。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事