マッドマックス 怒りのデス・ロード:究極の“行って帰ってくるムービー” 改造車、炎噴くギター…世紀末感にアドレナリンが止まらない!!

映画 テレビ
映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のビジュアル(C)Warner Bros. Feature Productions Pty Limited, Village Roadshow Films North America Inc., and Ratpac-Dune Entertainment LLC

 2015年に公開された、トム・ハーディーさん主演の映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(ジョージ・ミラー監督)が、フジテレビ系で9月12日午後9時から地上波初放送される。アカデミー賞6部門を受賞し、世界中を熱狂させた本作。今回は地上波用の特別編集版となる。

 「マッドマックス」は、1979年にメル・ギブソンさんの主演で公開された人気作で、1981年に第2作「マッドマックス2」、1985年に第3作「マッドマックス/サンダードーム」が公開された。無法地帯と化した近未来を舞台に、ギブソンさん演じるマックスが、暴走族たちと激しい戦いを繰り広げるという展開で、後の映画やマンガにも大きな影響を与えた。

 今回放送される「怒りのデス・ロード」は、マックスをハーディさんが演じ、荒廃した近未来を舞台に、自由と生き残りを懸けた戦いが描かれる。オスカー女優のシャーリーズ・セロンさん、X-MENシリーズのビースト役でも知られるニコラス・ホルトさんらが共演している。

 石油も水も尽きかけた世界で、元警官のマックス(ハーディさん)は、愛する家族を奪われ、本能だけで生きていた。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するイモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーンさん)の軍団に捕らえられたマックスは、ジョーへの反逆を企てるジョーの右腕フュリオサ(セロンさん)と、配下で全身白塗りの男ニュークス(ホルトさん)と共に、奴隷として捕らえられた女たちを連れて自由への逃走を始める……というストーリー。

 乾いた砂漠を走るトゲトゲしい改造車の数々や、炎を噴くギター、全身白塗りで不気味なビジュアルの悪役たちと、世紀末感あふれる世界観がとにかく圧倒的だ。序盤から後半にかけていくつもの山場があり、見ているだけでアドレナリンが止まらなくなる。

 そんな荒廃した世界で、マックスは自由を求めてトレーラーで爆走。しかし、目的地が土壌汚染されていることを知ると、生き残るために元の場所に戻るという、究極の“行って帰ってくるムービー”といえる。SNSなどで実況しながらの鑑賞をお勧めしたい。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る