ブラッククローバー:第143話「傾いた天秤」 連れ去られたネロ、マリー デビル・バニッシャーとは…

アニメ マンガ
テレビアニメ「ブラッククローバー」の第143話「傾いた天秤」の一場面(C)田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の田畠裕基さんのマンガが原作のテレビアニメ「ブラッククローバー」の第143話「傾いた天秤」が、テレビ東京系で9月15日午後6時25分から放送される。

 デビル・バニッシャーと名乗る者たちに襲撃されたネロ、ゴーシュの妹・マリーが連れ去られ、アスタは謎の昏睡(こんすい)状態に陥った。ゴーシュは、妹を連れ去ったのは魔法議会議長・ダムナティオではないかと考えるが、ダムナティオはこれを否定。マルクスの記憶交信魔法によって、無実が証明されるものの、今回の件にダムナティオの部下が絡んでいる可能性が浮上する。そんな中、王都にあるオーヴェンの診療所に運び込まれたアスタの腕に取り付けられていたはずの通信魔導具の紛失が明らかになり、思いもよらない場所からその反応が返ってくる。

 「ブラッククローバー」は、魔法が存在する世界を舞台に、生まれながらに魔法が使えない少年アスタが、魔法帝を目指す姿を描いている。毎週火曜に放送。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る