半沢直樹:“大和田”香川照之の「おねしゃす」にSNS「マジ爆笑」「さすが!」 自身が撮影裏話ツイート

テレビ
連続ドラマ「半沢直樹」第8話のワンシーン(C)TBS

 俳優の堺雅人さん主演の連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜午後9時)の第8話が9月13日に放送された。同話では、大和田(香川照之さん)が半沢(堺さん)に口ごもりながら「お……。お……。おねしゃす」と言うシーンがあり、SNSでは「マジ爆笑!」「ほんと草(笑い)」「わろた!」「さすが!」「可愛すぎる」「次回も笑わせてください、おねしゃす!」といった声が多数上がり、大盛り上がりとなった。

 ドラマは、池井戸潤さんの小説「半沢直樹」シリーズが原作。2013年7月期に放送された前作は「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」を映像化した。約7年ぶりの続編は「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」が原作。

 第8話では、帝国航空の再建を目指す半沢は、「タスクフォース」の再建草案を見て、赤字路線の「羽田・伊勢志摩路線」が撤退リストから外されていることに気付く。そして、伊勢志摩が政治基盤の箕部幹事長(柄本明さん)が、全てのカギを握っているとにらむ。同じ頃、金融庁の黒崎(片岡愛之助さん)も箕部を追っていた。

 そんな中、大和田は、債権放棄の受け入れの提案に失敗した紀本常務(段田安則さん)を追い落とそうと躍起に。しかし、開発投資銀行と共に債権放棄を断固拒否した「タスクフォース合同報告会」が原因で、中野渡頭取(北大路欣也さん)が参考人招致されると言われ、動けなくなってしまう。そこで、紀本と箕部のつながりを調べる大和田は、箕部の資金を調べる半沢に「どうだろう、改めて私と手を組まないか?」と提案した。

 手を組まないかと言った大和田だが、半沢に「この世で一番、お前のことが嫌いなんだ」と言い放った上で、中野渡頭取を守るため「半沢の手だろうと借りなければいけない」と、半沢に右手を差し出した。しかし、半沢は「人にものを頼むときの大事な7文字を以前、(大和田に)教えていただきました。もうお忘れですか? あなたも小学生以下ですね」と対応。すると大和田が「お……。お……。おねしゃす」と小声で言うと、半沢は「おねしゃす? 2文字足りない」と指摘。追い詰められた大和田は大声で「お願いします! これでいいだろっ」と言い直し、二人は一瞬だけ握手を交わすという展開だった。

 “握手”は一瞬で、視聴者からは「握手じゃない、ソフトタッチ!」「握ったの0.5秒じゃん」「最短の握手」「もはやコント!」といった声も上がっていた。

 大和田役の香川さんは、第8話放送後に自身の公式ツイッターで、同シーンについて、台本にあった「お願いします」というせりふがきっかけで生まれたアドリブであったことを告白。さらに、「おねしゃす」のやり取りについて、堺さんが臨機応変な芝居で対応を見せたと、撮影の裏話を明かしている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る