アンサング・シンデレラ:第10話 “瀬野”田中圭を救うため、“みどり”石原さとみら薬剤部メンバーが動く

テレビ
連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第10話の一場面(C)フジテレビ

 女優の石原さとみさん主演の連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系、木曜午後10時)第10話が9月17日に放送される。

 葵みどり(石原さん)は、薬剤部の上司でがん患者の瀬野章吾(田中圭さん)の担当薬剤師になる。瀬野の患う重複がんで問題となるのは、標準治療の確立されていない副腎がん。効果を期待できる既存薬の投与が始まるが、数週間後も改善しなかった。みどりは副腎がんを調べるが有効な手立ては見つからない。

 そんなみどりに、薬剤部副部長の七尾拓(池田鉄洋さん)が、海外に副腎がんへの有効性が認められる薬があると伝える。しかし、みどりたちの勤める萬津総合病院でその治験薬を使うには、院内の治験審査委員会の承認や、瀬野本人の同意など幾つかの課題があった。

 一方、瀬野は救急搬送される患者を見かける。患者は心筋梗塞で倒れた丸岡はじめ(近藤公園さん)。瀬野は付き添っていた妻・彩乃(宮澤佐江さん)に丸岡の常用薬を医師か看護師に伝えるようアドバイス。彩乃がすぐに看護師に教えたため、丸岡は難を逃れることができ、瀬野の隣のベッドに入院する。

 みどりは、瀬野への治験薬投与についてほかの薬剤部のメンバーに話す。相原くるみ(西野七瀬さん)は希望を抱くが、刈谷奈緒子(桜井ユキさん)たちは承認へのハードルの高さに難色を示す。それでも治験の実現を目指したいと言うみどりに、刈谷は他の患者へ迷惑をかけるようなことは許さないとくぎを刺す。

 原作は、マンガ誌「月刊コミックゼノン」で連載中の荒井ママレさん作、富野浩充さん医療原案のマンガ「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」。石原さん演じる萬津(よろづ)総合病院薬剤部・病院薬剤師の葵みどりが、患者に真摯(しんし)に向き合う姿を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る