石原さとみ:「アンサング・シンデレラ」撮了に涙 西野七瀬、真矢ミキからサプライズも

テレビ
連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」のクランクアップを迎えた石原さとみさん(C)フジテレビ

 連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系、木曜午後10時)で主演を務める石原さとみさんが、9月24日に放送される最終回を目前に、クランクアップした。全シーンを撮了した石原さんには、スタッフたちの拍手の中、約半年間の撮影で苦楽を共にしてきた西野七瀬さんと真矢ミキさんからサプライズで花束が贈呈された。石原さんは「え?なんで!?」と驚きつつも、喜びと安心からか涙を見せ、スタッフとキャストへ感謝の思いを語った。

 石原さんは「半年間長かったようで、終わってみればあっという間だった気もします。すごくいい現場でした。本当にいい現場でした。皆さん優しくて、温かくて、明るくて、面白くて。心地が良くてストレスもなく、『なんて風通しがいい現場なんだろう』っていつも思っていました。大変なこともありましたけど、心が折れそうなこともありましたけど、全てのことに意味があると思って、意味を作っていかなければいけないと鼓舞して頑張ってきました」とコメント。

 続けて、「そう思えたのは、プロデューサー、ディレクターをはじめ、ここにいる皆さんのおかげです。ここにいるみんなと、そして、ここにいない、ドラマに関わったすべてのアンサングヒーロー、アンサングシンデレラに心の底から感謝しています。葵みどりという病院薬剤師を演じることで、励ますことや寄り添うことの意味を学ぶことができました。『アンサング・シンデレラ』は私の中でかけがえのない作品になりました。半年間、本当にありがとうございました!」と話した。

 ドラマは、マンガ誌「月刊コミックゼノン」で連載中の荒井ママレさん作、富野浩充さん医療原案のマンガ「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」が原作。石原さん演じる萬津(よろづ)総合病院薬剤部・病院薬剤師の葵みどりが、患者に真摯(しんし)に向き合う姿を描く。9月24日に最終回が放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る