半沢直樹:“半沢”堺雅人 “黒崎”片岡愛之助の“急所つぶし”を回避し視聴者「さすが!」 「ダメ沢直樹」も話題に

テレビ
連続ドラマ「半沢直樹」最終第10話のワンシーン(C)TBS

 俳優の堺雅人さん主演の連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜午後9時)の最終第10話が9月27日、15分拡大版で放送された。同話では、半沢(堺さん)が、国税庁の黒崎(片岡愛之助さん)に会いに行った際、急所を握りつぶされそうになるも、黒崎の腕をつかんで回避するシーンがあり、SNSでは「さすが、半沢!」「なおき、ガード固い!」「黒崎さん、惜しかった!」「握らせない直樹」といった声が多数上がり、盛り上がりを見せた。ツイッターでは「#半沢直樹」が世界でトレンド1位となった。

 原作は、池井戸潤さんの「半沢直樹」シリーズの「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」。最終話では、箕部幹事長(柄本明さん)、中野渡頭取(北大路欣也さん)、大和田(香川照之さん)の3人に「1000倍返し」を誓った半沢だが、帝国航空の再建プロジェクトから外されてしまった。もう一度立ち上がる決意をした半沢は、国税庁の黒崎(片岡愛之助さん)に会いに行く。そして、中野渡頭取が債権放棄を認める会見の日を迎える……という展開だった。

 黒崎は、箕部に返り討ちされた半沢に「ダメダメのダメ沢直樹ねっ!」とののしり、国税庁を動かすには確固たる証拠を持ってくるよう伝えた。Yahoo!リアルタイム検索に「ダメ沢直樹」がランクインするなど、SNSでも話題を集めていた。

 無料見逃し配信サービス「TVer(ティーバー)」「TBS FREE」では1週間限定で最終回の無料配信、定額制の動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で前作と共に全話一挙配信される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る