半沢直樹:“花”上戸彩の活躍に「真の救世主」「理想の妻」

テレビ
連続ドラマ「半沢直樹」最終第10話のワンシーン(C)TBS

 俳優の堺雅人さん主演の連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜午後9時)の最終第10話が9月27日、15分拡大版で放送された。同話では、半沢(堺さん)の妻・花(上戸彩さん)が、白井大臣(江口のりこさん)との橋渡しとなる活躍を見せ、SNSでは「花ちゃんが真の救世主」「マジ、ハイスペック」「ファインプレー!」「ナイス~!」「有能、花ちゃん!」といった声が多数上がり、盛り上がりを見せた。ツイッターでは「#半沢直樹」が世界でトレンド1位となった。

 原作は、池井戸潤さんの「半沢直樹」シリーズの「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」。最終話では、箕部幹事長(柄本明さん)、中野渡頭取(北大路欣也さん)、大和田(香川照之さん)の3人に「1000倍返し」を誓った半沢だが、帝国航空の再建プロジェクトから外されてしまった。もう一度立ち上がる決意をした半沢は、国税庁の黒崎(片岡愛之助さん)に会いに行く……という展開だった。

 「伊勢志摩ステート」から多額の金が箕部に流れているという話を知った白井大臣が、半沢の自宅を訪問。自宅に来た白井大臣に、花は、ききょうの花を渡しながら「花言葉は誠実です。りんとしていつも真っすぐな白井大臣そのものでしょ。この国のこと、お願いします」と語りかけた。

 帝国航空の再建プロジェクトから外された半沢が花に「出向どころじゃすまないかもしれない」と告白。すると花は「そっか。だったら、いっそのこと辞めちゃえば? 銀行員だけが仕事じゃない」「私が稼ぐから。どう? 何があったか知らないけど、もう頑張らなくていいよ。直樹は今まで十分すぎるぐらい頑張った。必死で尽くしてきた銀行に、それでもお前なんかいらないって言うなら、辞表たたきつけてやんなさいよ。サラリーマンの最後の武器でしょ!」と語った。

 さらに、半沢にハグをしながら「直樹、今までよく頑張ったね。ありがとう お疲れさま」と優しく声をかけ、続けて「仕事なんかなくなったって、生きていればなんとかなる」「どうせなら最後になんかやっちゃえば。人事なんかくそ食らえ。くそ上司なんかぶっ飛ばせ!」と声をかけた。視聴者からは「花ちゃんからの名言!」「花ちゃんは理想の妻」「うちにも花ちゃんほしい」といった声も上がった。

 無料見逃し配信サービス「TVer(ティーバー)」「TBS FREE」では1週間限定で最終回の無料配信、定額制の動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で前作と共に全話一挙配信される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る