注目ドラマ紹介:「歴史迷宮からの脱出」視聴者参加型の謎解きドラマ 福本莉子が地上波連ドラ初主演

テレビ
女優の福本莉子さんの主演ドラマ「歴史迷宮からの脱出 ~リアル脱出ゲーム×テレビ東京~」第1話のワンシーン(C)「歴史迷宮からの脱出」製作委員会

 女優の福本莉子さん主演のドラマ「歴史迷宮からの脱出 ~リアル脱出ゲーム×テレビ東京~」(テレビ東京、金曜深夜0時52分)が10月2日深夜にスタートする。リアル脱出ゲームを展開する株式会社SCRAP(東京都渋谷区)とコラボした視聴者参加型謎解きドラマだ。福本さんは、おバカなギャルの女子高生・谷田純役で地上波連ドラ初主演。

 未来に改ざんされる歴史を修正するため、過去にさかのぼり必要な暗号(=謎)を制限時間内に解き明かす新感覚SFコメディー。劇中に登場する謎はSCRAPが制作、ドラマはニュースアプリ「SmartNews」と連携している。アプリ内では視聴者がリアルタイムで解答を入力可能。出演者と共に全国の参加者と解答順位を競い合いながら楽しめる。

 西暦2520年、正体不明のサイバーテロリストが歴史をハッキングする事態が発生し、歴史上の偉人たちが抹殺される。現代では歴史が大きく変わってしまい、世界を巻き込んだ大戦が勃発。バグを修正し歴史を元通りにするため、おバカな女子高校生・谷田純(福本さん)と、同級生の江畑伶人(飯島寛騎さん)が過去へさかのぼり、バグである暗号(=謎)を制限時間内に解き明かしていく。500年後の未来から突然、純と江畑の元に現れる謎の男、ビル・フジタを要潤さんが演じる。

 第1話は、歴史研究部の部室で暇を持て余している純と、そんな純をうっとうしく思いながら受験勉強に励む同級生の伶人の前に、2520年からタイムスリップしてきたビル・フジタ(要さん)が出現。2人は「500年後の未来で起きたサイバーテロで生じた歴史のバグを見付け、暗号を解いてほしい」と頼まれる。

 不安げな江畑とは違い、このままではスターバックスがなくなることを知った純は協力することに。2人はバグが起きている桶狭間の戦いが起きた1560年へタイムスリップする。果たして2人は暗号を解き、織田信長を救うことができるのか……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る