多部未華子:青山真治監督と初タッグも「いまだにどんな方なのかわかっていない」 映画「空に住む」舞台あいさつ

映画
映画「空に住む」の完成披露舞台あいさつに出席した多部未華子さん

 女優の多部未華子さんが10月4日、東京都内で行われた映画「空に住む」(青山真治監督、10月23日公開)完成披露舞台あいさつに出席。今回、「EUREKA(ユリイカ)」などを手がけた青山監督と初タッグとなったが、「撮影中はほとんどコミュニケーションをとらなかったのでいまだにどんな方なのかわかっていない」と笑いを交えて告白。現場は「大人のキャストに囲まれて静か。落ち着いた空気感で、キャピキャピ、ワイワイはしていなかった」と振り返った。

 多部さんが演じた主人公・直実は「一言で説明できない性格の持ち主」といい、「自分の感情を表に出せない、泣けない女性で演じていて難しかった。何言ってんのかな?と思ったこともあった。難しいながらに現場でつかんでいったとしか言いようがない」と役作りを語った。

 岩田剛典さんは、直実と出会うスター俳優・時戸を演じたが「最初に脚本を読んだとき、すごい変な人だと思った。共通する部分があると言いたくない役。本当にひどいやつ」と苦笑い。理解しがたい役となったが「たぶん寂しいんだろうなと。僕はグループで活動しているので仲間はたくさんいるほうですが、彼はずっと孤独で閉じこもって生きてきた」と分析していた。

 主人公の直実はエレベーターの中で時戸に声をかけられて関係を持っていく展開だが、「もし本当にエレベーターでスターに会ったら恋に落ちる?」と聞かれた多部さんは「見た目が岩田さんだからいいけど、そうじゃなかったらちょっと……」と首をかしげていた。

 映画は、作詞家である小竹正人さんの同名小説(講談社)が原作。両親の急死で心の整理がつかず、自分を見失っていた主人公の直実が愛猫とタワーマンションに住み、乗り越えようともがく姿を描く。舞台あいさつには岸井ゆきのさん、美村里江さん、鶴見辰吾さん、永瀬正敏さん、岩下尚史さん、髙橋洋さん、青山監督も登壇した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る