極主夫道:「天雀会」が解散… “雲雀”稲森いずみがパート初体験で“乱気流”巻き起こす!?

テレビ
連続ドラマ「極主夫道」第2話の場面写真=読売テレビ提供

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)の第2話が、10月18日に放送される。組が解散となった元「天雀会」の姉御・雲雀(稲森いずみさん)が、生活費を稼ぐために初めてのパートを始め“乱気流”を巻き起こす。

 さらに、雲雀は火竜町婦人会の田中会長(MEGUMIさん)と水竜町婦人会の山本会長(映美くららさん)の戦いの場にも登場。“極妻”っぷりで制止にかかるが、猛獣となった田中と山本には聞き入れてもらえず、「アンタ関係ないでしょ!」と撃退されてしまう。もう自分は無力だと落ち込む雲雀は果たして……。

 ドラマは、新潮社のマンガサイト「くらげバンチ」で連載中のおおのこうすけさんの同名マンガが原作。“最凶”の極道「不死身の龍」と言われ、極道から足を洗った後に結婚して専業主夫となった龍(玉木さん)が、家族やさまざまな事件が起こる町の平和を守る姿を描くヒューマンコメディー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る