恋する母たち:“赤坂”磯村勇斗に反響続々 「すてき」「爆イケ」「色気が…」

テレビ
女優の木村佳乃さんの主演ドラマ「恋する母たち」のワンシーン(C)TBS

 女優の木村佳乃さん主演のドラマ「恋する母たち」(TBS系、金曜午後10時)の第1話が10月23日、放送された。女性週刊誌「女性セブン」(小学館)で2017年から今年7月まで連載された柴門ふみさんの同名マンガが原作。吉田羊さん演じるキャリアウーマンの林優子と同じ会社で働く、優秀なイマドキ部下・赤坂剛役の磯村勇斗さんについて、視聴者からは「赤坂剛くんすてき」「磯村勇斗めっちゃイケメン」などの反響が続々と上がっていた。

 ドラマは、同じ高校に通う息子を持つ3人の母たちの恋愛と友情を描いたラブストーリー。木村さんが主人公の石渡杏、吉田さんが杏と同じく名門校に通う息子と、売れない小説家で主夫をする夫を持つキャリアウーマンの林優子、仲里依紗さんが2人と同じ名門校に通う長男のほか2人の娘を持つ3児の母で、法律事務所代表の夫を持つ蒲原まりを演じる。

 小泉孝太郎さんが、杏の前に現れる夫の駆け落ち相手の夫・斉木巧、阿部さんが人気落語家・今昔亭丸太郎を演じる。母3人の息子たちを、藤原大祐さん、奥平大兼さんと宮世琉弥さんが演じる。脚本は大石静さん。

 第1話では、石渡杏は、女手一つで育てた息子が中高一貫の名門校・麻蔵学園高校に合格し、保護者説明会に出席。同じ教室には、子供を中学から麻蔵学園に通わせている林優子(吉田さん)と蒲原まり(仲さん)の姿もある。杏は親しくなったまりから「母親たちは、意外とみんな不倫しているのよ」と聞いて驚く。杏たちには、人に言えない悩みや心の傷があった。

 キャリアウーマンの優子は、売れない小説家の夫・シゲオ(矢作兼さん)と引きこもりの息子・大介(奥平さん)を養っていて、家庭よりも職場を自分の居場所と感じている母親だった。

 ラストでは、エレベーターの中で、赤坂(磯村さん)が優子に「課長、俺って、誰と付き合っても半年ともたないんです。『私だけ見てろ』みたいな束縛強いのもうっとうしいし、控えめすぎるのも退屈だし……」と恋愛観を告白。優子が「それは、誰のことも本当に好きじゃないからよ」などと話していると、エレベーターが急に止まってしまい……という展開だった。

 磯村さん演じる赤坂について、SNSでは「赤坂くん爆イケ」「赤坂くんイマドキ男子って感じでカッコよかったー」などの声が上がった。また、「優子さんを見つめる目がとても意味深で気になっちゃう。ドキッとしちゃう」「スーツもちょっとウェーブがかった髪も、色気と品の良さがたまらない」などの意見も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る