35歳の少女:“望美”柴咲コウ&“結人”坂口健太郎 図書館で“会える”2人に反響「すてき」「尊い」

テレビ
連続ドラマ「35歳の少女」第3話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第3話が、10月24日に放送された。望美(柴咲さん)と結人(坂口健太郎さん)が互いに連絡を取り合わずとも図書館で“会える”様子に、視聴者から「図書館に行くと結人くんがいるの良いよね」「図書館に行けば会えるってのがすてき!」「連絡していないのに出会えるの尊い」「結人くんとの待ち合わせ場所」といった声が上がった。

 ドラマは、遊川和彦さんの脚本で、「○○妻」のほか「家政婦のミタ」「同期のサクラ」の制作チームによるオリジナル最新作。10歳時の1995年に不慮の事故で長い眠りにつき、2020年に25年ぶりに目覚めた“35歳の少女”今村望美(両親離婚後は時岡姓)の成長を描く。

 第3話は、成長することを家族に宣言した望美は、多恵(鈴木保奈美さん)の勧めで学習塾に通うことになるも、ついていけない。そんな中、自分のせいで多恵が家族と衝突を繰り返すことを悲しく思う望美は結人に相談し、「今の時代のことをもっと知りたい」と結人の代行業を手伝うことに。

 結人とともに“リア充”を装う依頼人の誕生日会に向かった望美だったが、そこで酒を飲んでしまい泥酔。結人が自宅まで送り届けるも、多恵は「これ以上娘を危険な目に遭わせないで」と激怒し、結人に携帯電話から望美の番号を削除するよう強要。さらに、望美の携帯電話からも結人の番号を削除してしまう……という展開だった。

 図書館シーンをはじめ、望美と結人が2人きりになる場面では「ほっとする」「望美ちゃんと結人くん一緒のとき心落ち着く……」「ずっと見ていたい」といった反響もあった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る