恋する男たち:第2話 「赤坂剛編=運命の恋に出会う男」 磯村勇斗が主人公

テレビ
ドラマ「恋する母たち」のオリジナルストーリー「恋する男たち」の第2話のワンシーン(C)柴門ふみ/小学館 (C)TBS/TBSスパークル

 女優の木村佳乃さんの主演ドラマ「恋する母たち」(TBS系、金曜午後10時)のオリジナルストーリー「恋する男たち」(Paravi)の第2話「赤坂剛編=運命の恋に出会う男」の配信が、10月30日スタートした。

 コジカフーズの有望な若手社員・赤坂剛(磯村勇斗さん)。「何をやってもそつなくこなす」がモットーで、入社5年目で営業部のMVPを獲得。出世コースである宣伝部への異動も決まる。だが、赤坂にも弱点があった。女性との付き合いが長く続かないのだ。

 そんな中、なじみのゲイバーのママの言葉をきっかけに、赤坂は入社以来親しくしていた同期の有馬ひとみ(結城モエさん)と付き合うことに。お互い束縛しないルールのもと、今回は順調に交際を続けていた。しかし、異動先の宣伝部で課長の林優子(吉田羊さん)の顔を見た赤坂は、何かを思い出し……というストーリー。

 「恋する母たち」は、女性週刊誌「女性セブン」(小学館)で2017年から今年7月まで連載された柴門ふみさんの同名マンガが原作で、迷える母たちの恋愛と友情を描いたラブストーリー。脚本は大石静さん。吉田羊さん、仲里依紗さんらも出演する。

 本編が女性目線で展開するのに対し、オリジナルストーリーは8人の男性が主人公で、「恋する母たち」の裏側を男性目線で描く。男はなぜ失踪したのか、男はなぜ結婚している女性を好きになってしまったのか、男はなぜ妻以外の女性と関係を持ってしまったのか……など、本編では描かれない恋愛を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る