注目ドラマ紹介:「先生を消す方程式。」 田中圭、生徒から命を狙われる“恐怖の進学校教師”に 脚本は「M」の鈴木おさむ

テレビ
連続ドラマ「先生を消す方程式。」第1話の場面写真=テレビ朝日提供

 俳優の田中圭さん主演の連続ドラマ「先生を消す方程式。」(テレビ朝日系、土曜午後11時)が10月31日にスタートする。田中さん主演で話題となった2018年、2019年の「おっさんずラブ」シリーズが放送された土曜ナイトドラマ枠での放送。脚本は、同枠で今年放送され、話題となった「M 愛すべき人がいて」の鈴木おさむさん。田中さんは初の教師役で、生徒に命を狙われる恐怖の進学校教師を演じる。

 舞台は、東大進学率も高い東京都内の進学校・帝千学園。成績優秀者のそろう3年D組には、実は大人を追い詰め、壊れていく姿をゲームのように楽しむ生徒が集っていた。新担任の義澤経男(田中さん)は、生徒たちから何をされても笑顔で指導を続けるが、やがて生徒たちの行動はエスカレートし、義澤殺害計画が立てられる……。

 3年D組の副担任・頼田朝日役で山田裕貴さん、養護教諭(保健室の先生)の安田町子役で奥山かずささん、義澤の恋人で高校教師の前野静役で松本まりかさんらが出演。D組の生徒役は高橋文哉さん、久保田紗友さん、森田想さん、高橋侃(なお)さん、秋谷郁甫さんらが演じる。

 第1話は、帝千学園に義澤がやってきた。半年間に教師3人が担任を辞めた3年D組を受け持つ。父親が検察のトップで優等生の藤原刀矢(高橋文哉さん)、母親が有名な女医で自らも人気インフルエンサーの長井弓(久保田さん)、人気飲食チェーンの社長が父で、自身は同級の女子生徒にマッチングアプリで“パパ活”をさせている大木薙(森田さん)、父親が大企業の社長で、おじが政治家の剣力(つるぎ・りき、高橋侃さん)らがそろい、優しくて人気者の刀矢以外の3人が好き勝手にしていた。

 義澤が教室に入ると、刀矢を除く生徒全員が自習中で、義澤のあいさつに耳を傾けない。弓、薙、力らに反抗的な態度を取られても義澤は一向に気にすることなく、「日々笑っていれば、幸運はついてくる」と、自分が大切にしている“方程式”を笑顔で語る。義澤の笑顔にいら立った力は、攻撃を仕掛けるが……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る