ルパンの娘:第4話 “美雲”橋本環奈が“和馬”瀬戸康史に恋 “華”深田恭子は元「℃-ute」矢島舞美と“アクション対決”

連続ドラマ「ルパンの娘」第4話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 13
連続ドラマ「ルパンの娘」第4話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の深田恭子さん主演の連続ドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系、木曜午後10時)第4話「嵐を呼ぶホームパーティー! 恋に落ちた名探偵」が11月5日に放送される。元「℃-ute(キュート)」で女優の矢島舞美さんがゲスト出演し、主人公・三雲華(深田さん)がママ友たちと訪れる喫茶店のオーナー・雨宮翔子を演じる。翔子には裏の顔があり、華とのアクションシーンもある。

 北条美雲(橋本環奈さん)は「Lの一族」と桜庭和馬(瀬戸康史さん)の関係を疑い、桜庭家へ向かった。典和(信太昌之さん)と美佐子(マルシアさん)を巻き込み大騒ぎとなる。そんな中、美雲は和馬に恋していることに気付く。

 一方、尊(渡部篤郎さん)たちは悪徳歯科医の所持する美術品に目を付けるが、美術品は何者かに奪われてしまう。同じ手口の窃盗が立て続けに発生していて、和馬ら警察もその事件を追っていた。

 同じ頃、華は、ママ友たちから同じ学校に子供を通わせている親が窃盗被害に遭ったことを知る。被害者が悪徳歯科医とうわさされる家と聞き、尊たちの犯行を疑う。杏(小畑乃々ちゃん)から華の元気がないと聞いた渉(栗原類さん)は、華の悩みの一因が自分にあると思い、Lの一族を継ぐと決意。再びマッチングアプリで婚活を始める。

 華とママ友たちのいる喫茶店に、尊たちが来る。華は新たな計画の一環でママ友に接触したのだろうと尊を責めるが、尊たちの狙いはママ友ではなかった。そんな中、婚活をして家を出ていった渉が事件に巻き込まれる……。

 原作は横関大さんの同名小説(講談社文庫)シリーズ。

写真を見る全 13 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る