山口大地:仮面ライダーゼロワン“雷” テロリスト役で「24 JAPAN」参戦 「胸が躍る思い」

連続ドラマ「24 JAPAN」でテロリストの一員・市来三次を演じる山口大地さん
1 / 3
連続ドラマ「24 JAPAN」でテロリストの一員・市来三次を演じる山口大地さん

 特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」で雷/仮面ライダー雷を演じた俳優の山口大地さんが、唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「24 JAPAN」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)に出演することが11月7日、分かった。テロリストの一員・市来三次役で、13日放送の第6話から登場する。

 市来三次は正体不明の男・神林民三(高橋和也さん)に付き従う長谷部研矢(上杉柊平さん)と同じテロリストの一員。誘拐された獅堂現馬(唐沢さん)の娘・実有(桜田ひよりさん)に銃を突き立てる場面写真も解禁された。

 ドラマは、世界的に大ヒットした米ドラマ「24-TWENTY FOUR-」の日本版リメーク。オリジナル版のシーズン1をベースに、日本初の女性総理誕生への期待が高まる総選挙当日の24時間が描かれる。日本版ジャック・バウアーこと獅堂現馬が、CTU(テロ対策ユニット)メンバーと共に日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵さん)暗殺計画の阻止という極秘任務にあたる。

 山口さんは「『24-TWENTY FOUR-』といえば海外ドラマが流行するきっかけとなったと言っても過言ではないほど世界的に注目された作品です。その作品を現代、そして日本版としてリメークし、出演者として参加させていただけると聞いたとき、胸が躍る思いでした」と振り返る。

 また「市来という役は神林率いる組織の構成員なのですが、原作とは少しテイストの違う役どころになっています。最近まで演じていた作品と同じくヒールな立ち位置とはいえ全く違った癖のあるキャラクターなので、物語に苦みを与える存在でありたいです」と話していて、「現場では緊張感のあるシーンも多く、スタッフの皆様、共演者の方々に支えられながら、チームとして『24-TWENTY FOUR-』を創り上げているよう感じています。スリリングな展開がテンポ良く進む『24 JAPAN』を引き続き楽しみにご覧ください」と視聴者に呼びかけていた。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る