乃木坂46賀喜遥香:初のドラマ単独出演に不安な気持ちも…「作品の面白さには自信」 主演・中条あやみの印象は…

アイドル テレビ
「乃木坂46」の賀喜遥香さんが出演する連続ドラマ「閻魔堂沙羅の推理奇譚」第2話の一場面(C)NHK

 アイドルグループ「乃木坂46」の賀喜遥香さんが11月7日、女優の中条あやみさんが主演を務めるNHKの連続ドラマ「閻魔堂(えんまどう)沙羅の推理奇譚(きたん)」(総合、土曜午後11時半)第2回に出演する。今作が初の単独ドラマ出演となる賀喜さんは「ファンタジー要素のある作品や、推理モノがすごく好きだったので、お話をいただいたときはうれしかったです」とコメント。「一方で、今回、乃木坂46のメンバーと一緒ではなく、個人でのドラマ出演が初めてだったので“私で大丈夫かな”と少し不安な気持ちもありました」と明かす賀喜さんに話を聞いた。

 ドラマは木元哉多さんの同名小説シリーズが原作。中条さん演じる閻魔大王の娘で、父に代わって死者たちに裁きを下す“あの世の裁判官”閻魔堂沙羅が、誰かに殺害され、現世に思いを残してきた亡者に、生き返りを懸けて自分で自分の殺人事件の真相を解決させるオムニバスミステリー。

 賀喜さんは、自称画家の父親と2人暮らしの高校2年・向井由芽を演じる。由芽は、定職もなく、絵も売れない父に代わってアルバイトで家計を支えており、スマホも持てずタピオカも飲んだことがないという苦労人。そんな由芽の周りで不可解な出来事が続く中、ある日、何者かに襲われ撲殺されてしまう。人生を謳歌(おうか)しないまま死にたくない由芽は、生き返りをかけた犯人推理ゲームに挑む……という展開となる。

 賀喜さんは由芽について「貧しい中でも愚痴をこぼさず、家族のことを思って強く生きている女の子です」とコメント。撮影では「『もし自分が同じ境遇になったらどうなるんだろう』ということを考えていました。そんな由芽ちゃんの、苦境の中でも強く生きる姿と、沙羅の仕掛けたゲームを一生懸命推理する姿にぜひ注目してほしいです!」と語った。

 初共演の中条さんについては「とてもキレイな方だなぁ……と思いました」と明かし、「主人公の沙羅ちゃんは、閻魔大王の娘というキャラクターで現実には存在しない人ですけど、中条さんの現実離れした美しさがすごく合っていて、現場でも見ほれちゃいました。中条さんが撮影現場を盛り上げる姿もすごくカッコよくて、私もこういうことができる人になりたいという、憧れの目線でずっと見ていました」と話していた。

 最後に「スタッフの皆さんや共演者の方々からたくさんのアドバイスをいただいて、私なりの由芽ちゃんを一生懸命演じました。原作ファンの方が見て、イメージ通りの由芽ちゃんになれているのか、不安もあるんですけれど、作品の面白さには自信があります!」とアピールした。

アイドル 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る