STAND BY ME ドラえもん:続編公開記念で今夜テレビ放送 妻夫木聡の大人のび太も話題に

「STAND BY ME ドラえもん」の場面写真(C)2014「STAND BY ME ドラえもん」製作委員会
1 / 3
「STAND BY ME ドラえもん」の場面写真(C)2014「STAND BY ME ドラえもん」製作委員会

 藤子・F・不二雄さん原作の人気マンガ「ドラえもん」の3DCGアニメ「STAND BY ME ドラえもん 2」(山崎貴監督、八木竜一監督)の公開を記念して、第1弾「STAND BY ME ドラえもん」が11月20日午後8時からテレビ朝日系で放送される。2014年の公開当時、トヨタの「ドラえもん」実写化CMシリーズでのび太を演じていた俳優の妻夫木聡さんが、大人になったのび太の声優を演じたことでも話題になった。

 本作は藤子・F・不二雄さん生誕80周年記念作品で、「ドラえもん」史上初の3DCGアニメとして公開され、興行収入約83億8000万円を記録。「のび太の結婚前夜」や「さようなら、ドラえもん」といった原作の中でも名エピソードといわれる回を基に、ドラえもんとのび太の出会いから別れ、のび太の結婚前夜までを一つの物語として描いていく。

 何をやらせてもさえない少年・のび太の前に、のび太の孫の孫・セワシとドラえもんが22世紀からやってきた。のび太の未来を変えるため、お世話係として連れて来られたが、まったく乗り気ではないドラえもんに、セワシは“成し遂げプログラム”をセット。のび太を幸せにしない限り、22世紀に帰れなくしてしまう。次第に仲良くなる2人は、のび太の幸せのため、しずかとの結婚を目指すことになる……という展開。

 続編は、原作の中でも名作として知られる「おばあちゃんのおもいで」をベースに、オリジナル要素を加えて再構築する。のび太としずかの結婚を巡るラブストーリーで、第1作の翌日にあたる、2人の結婚式当日が描かれる。テレビ鑑賞してから映画館で鑑賞すると、より“ドラ泣き”できるかもしれない。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事